読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

第3回【最終】2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【4~8位】

 

okimono.hatenadiary.jp

 前回は1~3位を予想。今回は4~8位の予想となります。正直4~8位って結構人数多くて2回にわけたいけど、そうなると4~6、7~8とボリュームが微妙になる・・・

 

【4位指名予想①】才木 浩人選手 須磨翔風高校 投手

f:id:okimono:20161011221600j:plain

  大成に時間はかかるが、素材としての魅力はトップクラスを誇る選手。先発ローテの若返りが求められる巨人にとってはぜひとも取りたい存在。巨人スカウトもスケールの大きさを評価している

 

 

okimono.hatenadiary.jp

 【4位指名予想②】水野滉也選手 東海大北海道 投手

f:id:okimono:20161011222245j:plain

 スライダーを武器とする先発型サイドスロー選手。社会人野球就職の噂があったためこれまでは候補に入らなかったが、プロ志望を表明。大学では先発として結果を残しているが、大学野球代表ではリリーフとして結果を残している。巨人スカウトも持ち味のスライダーを評価しており、即戦力として期待されている。先発・中継ぎ両面の整備が求められる巨人では必要な選手となる。

 

okimono.hatenadiary.jp

 【5位指名候補①】竹内 諒 早稲田大学 投手

f:id:okimono:20161011223949j:plain

 主にリリーフとして登板していたが、4年より先発として登板し結果を残している。現在の巨人では左腕中継ぎの整備は急務であり、即戦力左腕はとっておきたい。

 制球に苦しむ場面もみられ、3年まで何度も炎上する試合があったりと不調に陥る期間もあった。4年になり下半身を鍛え制球が向上。先発としても結果を残すようになっている。しかし現状では安定して結果を残した実績が少ない。そのため5位での指名となっている

 

【5位指名候補②】森山 恵祐選手 専修大学 外野手

f:id:okimono:20160821113618j:plain

 

CSシリーズで改めて露呈した長打を打てる若手の不在。特に外野手は外国人のギャレット、長野以外で長打を打てる選手がおらず得点力不足が敗退の原因になりました。長打力を誇る森山選手は巨人にとってぜひとも欲しい存在。しかしミート力は即戦力といえないため、5位での指名となっています。

 

 

【6位指名候補①】坂倉 将吾選手 日大三高校 捕手

f:id:okimono:20160918003936j:plain

 2016年の高卒捕手の代表格は九鬼・古賀の二名ですが、九鬼選手は捕手としての能力に課題が多く、野手としては評価するが捕手としてはどうかさえ言われており、一方で古賀選手は強肩を誇るが打撃に課題があり小林選手とタイプがかぶるため、どちらも今の巨人が欲しいかといわれると微妙なところです。

 しかし小林選手も27歳と中堅であり、若手捕手の育成は現在の巨人の課題の一つ。その中でこの坂倉選手はリストの柔らかさとバッテイング技術が評価され、送球精度も評価の一つとなっています。若手の打撃型捕手として期待したいところです

 巨人は小林(育成)・芳川(育成)の捕手2名を戦力外としており、若手捕手獲得の可能性が出ています。

【6位指名予想②】渡辺 圭選手 日本通運 投手

f:id:okimono:20161012215727j:plain

 171センチと小柄ながらも5種の変化球と最速146キロのストレートを武器とする中継ぎ左腕。社会人3年目でありドラフト自体は去年に解禁されている。これまでは中継ぎとして起用されていたが、16年は先発としても結果を残している。即戦力中継ぎ左腕の補強が求められている巨人にとってはぜひとも欲しい選手である

 

【7位指名予想①】天本 昴佑選手 秀岳館 レフト・ファースト 

f:id:okimono:20161011233150j:plain

 

 前回育成1位より繰り上げで7位指名。右投げ左打ちの外野手であるため飽和気味のポジションではありますが、4割近い打率を残しており、巨人としては固定できない1・2番、そして外野手の若返りを狙うためにも獲得したい

 

okimono.hatenadiary.jp

【7位指名候補②】中山竜秀選手 九州国際大付属 ライト

f:id:okimono:20161012220504j:plain

 強肩強打を武器とする中距離外野手。現在の巨人は右の外野手が30を越えた長野選手や、中堅に入っている大田選手など若返りが急務のポジション。ライトをメインポジションとする選手も少ないため、右打ちのライトである中山選手は補強ポイントの選手

 

【8位指名候補①】西田 光汰選手 大体大浪商高校 投手

f:id:okimono:20160918203716j:plain

 180センチの長身と最速147キロのストレート、スライダーを武器とし他にもカーブとフォークを武器とする先発右腕。しかし制球に課題を持っており、ストレートは常時130キロとまだまだ戦力になるには時間がかかることが予想されます。

 今の巨人は右腕ローテーション再構築が課題の一つであり、先発候補の獲得のためにもとっておきたい選手となります。それに加え現在2・3軍の先発ローテーションは今村・平良・江柄子・中川・長谷川・與那原・田原啓・ソリマン・桜井選手とかなりぎりぎりの状況。このうち2人以上1軍に上がると2軍の先発の駒が足らなくなるため、中継ぎが先発をする試合もありました。そのため2・3軍の先発ローテも再編し、各選手が本来のポジションで投げられるようにしなければなりません。

 

 

【8位指名予想②】田城 飛翔選手 八戸学院光星高校 ライト

f:id:okimono:20160814091256j:plain

 通算11発と少し物足りなさは感じるが、3番で甲子園打率4割越えの成績を残し巨人スカウトの目にとまった外野手。現在の巨人は外野の高齢化が目立ち、長打の打てる外野手の若手獲得は急務となります。しかし右打ち左投げの飽和気味の外野手であることから指名順位は低く、注目度も高くないことからこの順位となりました。

 

okimono.hatenadiary.jp

これにて支配下予想は終了。外野手を3名戦力外、また左の中継ぎ不足が露呈した今年は、そのあたりを獲得すると予想していますが、果たして。