読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

打撃センスに優れる内野手 楠本 泰史  東北福祉大  大卒内野手

f:id:okimono:20170519204927j:plain

球春到来を前に、17年の東北勢ドラフト戦線を先取りする。大学生では東北福祉大(宮城)の楠本泰史内野手(4年=花咲徳栄)の高い打撃力が光る。

 東北福祉大の楠本は強肩を生かして、遊撃手から外野手にも挑戦して新境地を開く。「自分の可能性を広げたかった」と2月の米国強化合宿から本格的に取り組み、帰国後から外野手でも出場している。一方の打撃は、元西武の大塚光二監督(49)が「即プロで通用する」と太鼓判を押す。選球眼が良くて広角に打ち分けることができ、出塁率も高い。1年春から積み上げた安打は74本。同大史上初となる通算安打100本超えが狙える位置にいる。負けられない理由もある。中学で所属していた青葉緑東シニア(神奈川)では楽天松井裕樹投手とチームメートだった。「負けてられない。早く同じステージに立ちたい」と意気込む。

東北福祉大・楠本は強肩&“即プロ”の打撃力 - 大学・社会人 : 日刊スポーツ

 

【楠本選手の紹介】

f:id:okimono:20170519204857j:plain

 180センチ75キロ 右投げ左打ち 花咲徳栄高卒

 226打席74安打本塁打8、打率.327と高い打撃センスを誇る安打製造機。左右に打ち分けられる打撃の柔らかさが武器であり、出塁率.420と選球眼もよい

 一方でとりわけ俊足というわけでなく、肩もそれなりに強いといった程度である。

www.youtube.com

 【楠本選手の課題】

f:id:okimono:20170519204909j:plain

 課題は守備の雑さ。日米大学でもDH起用が大半であり、スローイングが悪くファースト起用されることも多い。現在は4番・センターとして起用されており、ショートとしては評価されていないと考えた方がよい

 

 【楠本選手の評価】

 巧打型の外野手として評価されるため、大卒の左外野手としなると評価は相対的に低くなります。打撃自体は中距離バッターとしての面が強く、守備もあまり上手い方ではないため、5~7位の下位指名が濃厚と思われます。