読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

17年高卒トップクラスのパワーを誇る大型ファースト 日大三高校 金成麗生選手 高卒内野手

 

f:id:okimono:20170405205658p:plain

◆春季高校野球東京都大会 ▽準決勝 日大三9―7帝京(23日・神宮第二)

 日大三のプロ注目スラッガー・金成麗生(かなり・れお)一塁手(3年)が23日、春季東京都大会準決勝の帝京戦(神宮第二)で、高校通算23号の先制2ランを含む3安打4打点で、2年ぶりの優勝に王手をかけた。

 2年ぶり19度目の春季関東大会(5月20日開幕・茨城)の出場が決定。27日の神宮でのナイター決勝(18時)では、清宮幸太郎内野手(3年)を擁する早実に、昨秋の都大会決勝で敗れた雪辱を期す。

 193センチ、101キロの「デカプリオ」は初回2死一塁で右越え2ラン。3試合ぶりで、清宮と並ぶ今大会3発に「いい打撃」と胸を張った。5回に右前適時打。7回には右翼線に適時二塁打を運び、プロ3球団のスカウトに猛打を示した。

 昨秋の早実戦は5番で、同点3ランなど4安打5打点と暴れたがチームは逆転サヨナラ負け。「映像を繰り返し見て、心を熱くした」。同じ左打ち一塁手の清宮に対し「自分より上」と認め、「秋までは意識していたけど、気にしない」と心を静めた。春は4番に座り「得点圏で安打を打って、その結果、本塁打がベスト」。センバツ初戦敗退で、さらに自覚が増した。

“清宮ナイター”相手は“デカプリオ日大三” : スポーツ報知

 

【金成選手の紹介】

f:id:okimono:20170424185015j:plain

 193センチ101キロ左投げ左打ち。

 日米ハーフの高校生で193センチ101キロの超恵体選手。背筋300キロ(19~26歳男性平均145キロ)のパワーを誇り、通算23発の記録を残しています。高校生離れのパワーにはすでに多くのスカウトが注目しています。


金成麗生(日大三高)VS竹田祐(履正社) 対決全打席(2017年3月19日選抜)

 

 【金成選手の課題】

f:id:okimono:20170424185031j:plain

 パワーこそ規格外でありますが、打撃技術はまだまだ未完成であり、守備もファースト専でありながら課題ありという非常に時間がかかる選手となります。17年春の選抜でも技術不足からゴロを連発していたので、夏までにどこまで打撃技術が向上しているかが注目ポイントです。対応力、打撃センスがないパワーだけの選手と見られてしまえが、指名なしの可能性も出てきます。

 また左投げ左打ちのため守備ポジションも非常に限られるため、ファーストもしくはDH起用しか出来ずなかなか起用が難しい選手ともなります。

 利き手はもはやどうしようもないため、打撃・キャッチング技術の向上で評価を上げるしかないためなかなか厳しい境遇に置かれています。

 

 【指名順位予想】

  現状では7~9位での指名が濃厚。ファースト・DH専であるためセリーグだと獲得が厳しいことに加え、現状素材とパワーのみが評価対象であるため、どうしても下の指名予想となります。