読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

小柄な制球型左腕先発  立命大  東克基選手 大卒左腕投手

f:id:okimono:20170410232948j:plain

 「関西学生野球リーグ・第8節3回戦、立命大1-0同大」(23日・わかさスタジアム京都

 立命大が延長十回サヨナラ勝ちで、勝ち点を4に伸ばし、リーグ4連覇は関大とのプレーオフへ持ち越されることになった。原動力となったのは来秋ドラフト候補のMAX148キロ左腕・東克基投手(3年・愛工大名電)。強打の同大を散発の4安打に封じ、10回9奪三振無失点の力投で優勝に望みをつないだ。

 負けられない一戦でエースが真価を発揮した。中1日でのマウンドながら、立ち上がりから気迫の投球で同大打線を寄せ付けなかった。アベレージで140キロ台中盤の直球を主体に、凡打の山を築いた。延長十回には1死三塁のピンチを切り抜け「今年の春から含めて一番の投球。強打の同大打線を4安打に抑えられたことは自信になりました」と納得の表情を浮かべる。

 延長十回裏に代打を送られたが、味方がサヨナラ勝ちしたため、リーグトップの5勝目が転がり込んだ。「ベンチではずっと点を取ってくれと言っていた」と東。来年のドラフトは豊作だった今年と比べれば、候補の数もレベルも劣ると言われている。

 そんな中、今秋の関学大戦で最速148キロをマークした左腕が候補の1人になることは間違いない。立命大では史上初となるリーグ4連覇へ、エースは「プレーオフも投げろと言われれば投げるしかない。準備します」と力強かった。

【東選手の紹介】

f:id:okimono:20170410232914j:plain

 170センチ78キロ左投げ左打ち。

 立命大にて先発エースを務める。最速148キロのストレートにスライダー・カーブを中心としてチェンジ・カットボールなども操る。左打者には外に逃げるスライダー・カーブ・チェンジで空振りを取り、右打者にはストレートと緩いカーブを武器とする。

 また平均四死球率1個台のコントロールも武器としており、コントロールのよい左腕先発として評価されている。


第65回 全日本大学野球選手権 「東日本国際大×立命館」ハイライト

 

 【東選手の課題】

 先発にとって低身長というのは致命的な弱点。身長がない分球威をスタミナで補わなければならないため、その分余計にスタミナを消費してしまいます。本格的に長いイニングを投げるようになったのが3年の春からであり、7~9回の長いイニングを続けても現状の成績を保てるか。先発として数えられるかどうかが指名順位の大事なところになってきます。

 【指名順位予想】

 現状では身長の低さ・またストレートの球威やコントロールを活かしプロでは中継ぎとして獲得する球団もあると思います。左腕で制球のよい選手は貴重である一方、身長の低さというどうしようもない部分もあるため、指名順位は3~5位になると思われます。