読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

巨人育成選手の特徴と課題  高橋 洸選手  外野手

 

f:id:okimono:20170409200801j:plain

勝負のプロ6年目のキャンプに突入した。日本文理OBで、育成選手の巨人高橋洸外野手(23)が2日、今キャンプ初めて屋内でフリー打撃を行った。ケージ2カ所に入り、それぞれ約50スイングを振り込んで、打球の感触を確かめた。

 「課題は打撃。キャンプでは、とにかくバッティングを磨く」と話すように、支配下選手へ復帰するためには、「攻」のレベルアップが求められる。11年にドラフト5位入団も2年で支配下を外れ、今年で育成4年目。昨季は3軍で「2番中堅」の定位置をつかんだが、2軍のイースタン戦では7試合の出場にとどまり、4打数で無安打だった。

 技術指導に携わる内田順三打撃コーチ(69)は「足と肩はある。あとは打撃の確実性を上げること」と、打率、出塁率のアップを求めた。今キャンプでは、右方向への強い打球を意識させる。50メートル走で6秒を切る脚力には定評があり、昨季の3軍戦では40盗塁以上を荒稼ぎし、成功率も9割を超えた。川相昌弘3軍監督(52)も「脚力には目を見張るものがある。打力も年々進歩しているし、もう1ランクのレベルアップがあれば」と大きな期待を寄せる1人だ。

巨人育成007高橋、バッティング磨き支配下復帰だ - 野球 : 日刊スポーツ

 【高橋選手の紹介】

f:id:okimono:20170409200839j:plain

 185センチ77キロ右投げ右打ち。11年に日本文理高より5位指名で巨人に入団。12年はイースタンで三試合のみ。13年は42試合出場も47打数8安打打率.170といまいちな結果となり13年オフに育成契約に切り替えとなりました。

 2軍でもパッとせず16年は3軍起用が大半となりました。その中で鈴木選手に弟子入りし盗塁を磨き上げ、3軍において40盗塁以上を稼ぎました。ただ2軍での出場は7試合4打数無安打となりました。

 

 【支配下への課題】

 課題は壊滅的な打撃力のなさ。12~16年で2軍成績で打率が2割に到達したのが1度だけであり、それも打率.206とぎりぎりのものでした。長打率も.250を超えたことがなく、とにかく打撃がとてもスタメンとして起用できるものではありません。盗塁で生き残るにも重信選手が代走起用されていることを考えると、支配下してまで起用を優先される理由もありません。

 今季は高卒外野手が豊作であるため、育成でも2~3人は外野手が指名される可能性があります。そうなれば6年目でありながら打撃で結果を残せていない高橋選手は戦力外候補になってきます。


生き残りをかけた戦い 巨人 高橋洸