読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2017年選抜1日目を終えて  ドラフト候補選手を振り返る(櫻井・金城・安田・竹田・若林・・山口・福元・松本・太田)

ドラフト投手 2017年ドラフト候補 ドラフト野手 内野手 外野手 投手 野球 高卒ドラフト候補

選抜1日目を終えて、ドラフト候補選手についての振り返りをしたいと思います。さすがに全試合振り返るのは労力が大変なので、注目株に絞りたいと思います

第二試合(日大三5ー12履正社)について。

 

f:id:okimono:20170319233108j:plain

 日大三の先発は左腕のドラフト候補の櫻井選手。スライダーが武器の先発左腕という触れ込みでしたが、確かに触れ込みどおりスライダーPでした。よくも悪くもです。

 というのもスライダーが決まっていた序盤は強力履正社打線を抑えていましたが、球数が増える中盤からスライダーが浮くようになり、そうなるとかなり投球が厳しくなっていました。他にも変化球は持っていますが、スライダーが使えなくなると途端に投球の幅が狭まるのはマイナス材料です。また後半は右投手にガンガン打たれていました。

左バッターにはスライダーがありますが、右バッターを仕留める武器もほしいところです。

 ただ安田選手から3三振を奪ったあのスライダーとストレートは魅力的です。夏までにスライダー以外の武器の変化球とスタミナがつけば候補にも入ってきそうです。

 


【高校野球2017】第89回選抜高校野球 日大三vs履正社 第2試合 2017年3月19日 20170319

 金城選手についてはさすがに体格でしたが、パワーを見せ付ける結果とはなりませんでした。やはりまだパワーを活かす打撃技術は身についていませんでした。現状ではパワーを評価しての下位でしょうか。守備もあまり上手くありませんし。

f:id:okimono:20170319233254j:plain

 履正社についてはまず先発の竹田選手。制球型の右腕Pでしたが、序盤は制球定まらずストライクを取りに行ったストレートを痛打され失点する場面も。やはり制球定まらないと危険な投手ですね。現状ストレートは常時130台なので、もう少し球速がほしいところです。

 安田・若林選手についてはさすがの体格ですが、打撃結果については4打数1安打。それも終盤の疲れた櫻井選手からなので、評価は次回まで保留といったところです。

 

 

 第三試合(熊本工0ー9智弁和歌山)について

 そして熊本工の山口選手。福元・太田選手をようする智弁相手と5失策とはいえストレートを痛打されてましたね・・・うーん、現状では指名は厳しそうです。

 智弁の松本選手については高めのストレートとフォークで空振りをとっていました。このストレートが低めにも制球できるようになればより強力な投手になれそうです。

f:id:okimono:20170319233326j:plain

 福元選手は四球はあれどヒットはなし。11安打の中でノーヒットというのはマイナス材料ですね。太田選手は3打数2四球1HRでした。5打席目の振り切るホームランはさすが有力株の一人と感じました。大型選手でないため、どれだけ打撃を魅せられるかの選手になりますので。

 太田選手のHRは1:40~から


【高校野球2017】第89回選抜高校野球 智弁学園vs熊本工 第3試合 2017年3月19日 20170319