読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

早くから注目される左スラッガーの一人 龍谷大平安 岡田 悠希  高卒外野手

2017年ドラフト候補 ドラフト野手 外野手 支配下選手 野球 高卒ドラフト候補

f:id:okimono:20170312131623j:plain

来年のドラフト上位候補に名前が挙がる龍谷大平安の岡田悠希外野手(2年)が、先制の右前2点打に貴重な追加点となる右越え2ランを放った。2安打4打点の活躍でチームの五回コールド勝ちに貢献したが、原田英彦監督は「まだまだ。全然ダメです」と厳しい表情を崩さない。

 新チーム結成後、岡田の練習態度や生活態度に問題があったという。そこを正すために、主力でありながら「子育てのつもりで」とセンバツに関わる一次戦でベンチから外した。そこで与えた役割はボールボーイ。1年春からレギュラーとして活躍する選手に裏方の仕事を経験させた。

 苦しい戦いを強いられたチームは延長戦の末に一次戦を突破。ベンチの外で見つめることしかできなかった岡田は「このままじゃダメだと。自分が引っ張らないといけない。恥ずかしいことばかりしていたので、人間的な部分でも成長していかないといけない」と心を入れ替えた。

 二次戦から背番号「17」でベンチ入り。この日が新チーム結成後、初の公式戦だった。5番・左翼でのスタメン起用に「監督さんに出させていただいた。チームに迷惑ばかりかけてしまっていたので」と初回、1死満塁から追い込まれながらも一、二塁間を痛烈に破る先制の2点適時打を放った。三回無死一塁の第2打席ではカウント1ボールから、甘い直球を右翼席へ放り込んで見せた。

 2安打4打点の活躍にも原田監督は「第3打席で強引に引っ張ってセカンドゴロ。そういうところなんですよ」。四回1死二、三塁から力んで二ゴロに終わった打席の反省を求めた。今春のセンバツでバックスクリーン右へ一発を放ち、期待のスラッガーとしてプロのスカウトからも評価された岡田。技術と心を兼ね備えた選手になるために-。日々、励んでいく。

龍谷大平安・岡田、ボールボーイで“改心” ドラフト候補2安打4打点/野球/デイリースポーツ online

 

 【岡田選手の紹介】

f:id:okimono:20170312131631j:plain

 182センチ79キロ右投げ左打ちの外野手。早くから注目された左のスラッガー。高校通算14発に130メートル弾も放つパワーとミート力を持ち、スイング・バットコントールを評価するスカウトも多い。そのためスイングスピードと高卒離れのパワーでホームランを放つタイプというよりも、バットコントールで上手く軌道に乗せてホームランにするタイプだと評価する声もある。

 走塁に関しては決して早い方ではなく、守備に関しても特別上手いというタイプではないため、打撃技術がどれだけ評価されるかになります。

 【岡田選手の課題】

 

 守備に関しては上手いタイプでなく、守備位置がレフトで高い守備範囲や打球判断が迫られるセンター・ライトの守備経験が少ないため、レフト以外のポジションでも問題なく守備ができるかどうかが重要になってきます。

 また性格面に関しても問題があり、練習態度や生活面の問題から成績を鑑みた上でベンチからはずすといった罰則も行われたほど。その後は改心したとされているが、プロ入り後天狗になってしまう不安要素も持ち合わせている。

 【指名順位予想】

 あくまで打撃技術を評価しての指名となるため、1位指名の可能性は低い。最終年の甲子園で注目されるほどの成績を残せれば話は変わってくるが、現状では打撃技術を評価して2位下位指名もしくは3位指名が濃厚となる。

f:id:okimono:20170308220150j:plain

 左の高卒外野スラッガーの代表格として評価は高いが、貴重な右打ちの横浜高校・増田選手や秋季リーグで打率4割3本の成績を残した履正社・若林選手、同じ左打ちでも191センチの星陵・寺西選手とライバルが多く、これらの選手が活躍する一方で夏場が不調になると3位以降に落ち込む、場合によってはプロ志望を出さず、ということさえありえます。