読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2017年ドラフト候補注目の大卒外野手 右打ちに素材型スラッガー有り

 17年の高卒外野手はスラッガーが目立つ一方で、大卒外野手については俊足巧打の選手が目立ちます。ただスラッガー候補がいないというわけでなく和製バレンティンと称される選手もおり、その中で注目選手を挙げていきたいと思います。

 【左打ち選手について】

f:id:okimono:20170311002957j:plain

 左打ち選手については俊足巧打が目立っています。代表格としては上武大・島田海吏選手。16年日米大学野球代表にも選ばれた1番バッターであり、175センチ70キロと小柄ながらも通算打率3割越え・出塁率も4割を記録する。また50メートル5秒台の俊足を武器にセンターを守る。

f:id:okimono:20170311002648j:plain

 一方で左のスラッガーについてですが、素材は魅力的だが打撃成績が今ひとつという選手が目立ちます。代表格としては横浜商大の佐藤・デシャーン・広之選手。186センチ80キロの日米ハーフの恵体であり、高校時代より身体能力の高さを評価されており高校通算20本のスラッガー。しかし大学では打率が3割を記録した年がなく、通算打率は2割を切っています。

 【右打ち選手について】

f:id:okimono:20170311002704j:plain

 右打ち選手については素材型スラッガーが目立ちます。代表格が慶應義塾・岩見雅紀選手。187センチ110キロという超恵体、通算9本と本塁打数はまだまだですが、130メートル弾を連発するなどパワーは規格外。和製バレンティンと称されており、打率3割長打率7割とまさにパワー極振り選手といえます。

f:id:okimono:20170311002915j:plain

 素材型としては中部学院大・内海大寿選手。180センチ84キロ、岩見・島田選手同様17年大学日本代表候補であり、通算打率.292、長打率.372と外野手としては物足りなさはあるが、強肩と4番に座るパワーが魅力であり16年秋は33打数12安打・打率.364長打率545でベストナインを獲得している成長の期待できる選手。下位指名のロマン枠で獲得したい選手です。

f:id:okimono:20170311002926j:plain

 また奈良学院大・村上海斗選手も素材型の一人。189センチ90キロと内海選手を凌ぐ長身外野手。しかし通算打率2割台と成績は伴っておらず、大学通算も1本となっています。そのため素材を評価した7~9位の下位指名が濃厚ですが、センターメインであり化ければ大型選手となりえます。

f:id:okimono:20170311002714j:plain

 一方右打ちの俊足巧打は国際武道大・服部創太選手。179センチ73キロと中型の外野手であり大学通算27試合と出場数も多くありませんが、103打数打率.350出塁率.466と高い打撃成績を残しており、一塁到達速度も4秒台前半と俊足を誇る中堅手となります。

 16年はスイッチヒッター外野手として立正大・田中選手がおりましたが、今年度は九州国際大に宮城知秀選手という右投げ両打ちの外野手がおります。178センチ78キロと中型ではありますが、高校卒業後1年日本通運でプレーし大学進学という変わった経歴を持つ選手となります。平均打率3割越えを記録していましたが、16年は通算出場試合9試合、打率も1割台と結果を残せていません。

 

 全体的に見ると、岩見選手のような飛出た選手はあれど、1位候補になるような目玉選手は現段階では確認できないのが現状です。高卒にスラッガーが豊作なため、なおさら大卒選手の不作が目だってしまいます。今のところ指名候補とはなりえないでしょう。