読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

巨人育成選手の特徴と課題  篠原 慎平選手 右腕投手

巨人 投手 育成選手 野球

 

f:id:okimono:20161123191033j:plain

 10~20代中心でスタートした巨人の秋季キャンプには、実に9人の育成選手がメンバー入りしている。1軍レベルの素質を認められた9人はいったい、どんな選手なのか。連載「育成ナイン」で迫る。第1回は篠原慎平投手(26)。クローザーのダークホースとも言われる右腕の魅力と課題とは―。

 黙々と投げ込んだ。秋季キャンプ初日、背番号001の篠原はブルペンでいきなり100球を投げた。身長186センチから繰り出すストレートには、1軍レベルの力強さがあった。全体メニュー終了後の個別練習では一番遅くまでグラウンドに残り、尾花投手コーチと何度も投球フォームの確認を行った。首脳陣の期待度を示す光景だった。

 自慢の直球は最速153キロ。育成選手ながら、来季の1軍候補が集う秋季キャンプのメンバーに選ばれ、「(目標は)支配下登録。ただそれだけです。背番号2ケタ(の支配下選手)には負けたくないし、他の育成選手にも負けたくない」と強く言った。尾花コーチが「直球は今の1軍の力(の中)では、かなり戦力」と評する逸材。来季の守護神候補の一人として、首脳陣は熱い視線を送る

 今年7月末に3軍から2軍に昇格。主にリリーフで16試合に投げ、防御率は1・71。シーズン終了まで2軍に残留し続け、台湾でのウィンターリーグには育成選手として唯一、参加が決定。第1段階の支配下登録へと着実に前進しているが、「直球以外は自信がない」と自覚するように、テーマは変化球の制球。「ただ直球で150キロ以上投げても通用しないと実感した。課題は見えている」とレベルアップに励んでいる。

http://www.hochi.co.jp/giants/20161106-OHT1T50045.html

  【篠原選手の紹介】

 2014年育成ドラフト1位で香川オリーブガイナーズ所属として指名。独立リーグ時代からリリーフをつとめており、セットアッパーとして期待されての指名となりました。

 独立リーグ時代に右肩関節唇の断裂を経験しており、これは選手を引退に追い込むほどの大怪我であり、SBの斉藤和巳選手もこの怪我で引退しております。

 手術後2年以上のリハビリをえるも自由契約となり、トライアウトをえてオリーブガイナーズに入団します。

 その後ガイナーズでは最速153キロを記録し4勝1敗9Sをあげ巨人に入団という経緯となりました。

 【巨人入団後の経緯】

   巨人入団後は15年は5試合のみの登板となり、翌年は3軍スタート。15~16年序盤は決して順調とはいえず、3軍では先発をしていたこともありました。

 先発→ワンポイント起用の中で徐々に首脳陣の信頼を獲得し7月末に2軍昇格。16年2軍成績は16試合登板防御率1.71と結果を残し、秋季キャンプ・WLにも召集され来春の支配下が期待されています。

 【支配下への課題】

f:id:okimono:20161123191116j:plain

 来年は中継ぎ起用されていた宮国選手の先発再転向が示唆されており、自ずと右の中継ぎポジションが不足するため、篠原選手の需要は相対的に高まっています。年齢も来年で27歳と育成選手としてはぎりぎりの年齢になっており、来年支配下がなければ厳しいものとなります。

 課題は変化球と制球。本人もストレートが武器と豪語する一方で、種類こそあれど武器となる変化球が無く、本人も変化球の精度を上げることを課題にあげています。いくら153キロのストレートがあっても、武器となる変化球がなければ活かす事はできず、マシソン選手も落差30キロのスライダーがあるからこそ最速160キロのストレートが武器となっています。

 また今季キャンプでは100球以上の投げ込みを慣行しており、テーマを「脱力して投げる」としています。ハンファとの練習試合では四球から2失点しており、全力投球による荒れ球も2軍では空振りがとれるが、1軍では四球乱発となります。

 ちなみに篠原選手の実際に投球動画についてですが、WLでのリリーフ登板の動画がありました。外国人のような投げ方ですね

 


2016 ウインターリーグ イースタン選抜vs欧州選抜