読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

代走の切り札鈴木選手とベテラン捕手加藤選手が去った巨人。その二人におもうこと

巨人 野球

 CS敗退後鈴木選手が現役引退を発表。その後巨人一筋で捕手をつとめた加藤選手が来季構想外に。巨人は球団職員を勧めたが本人が現役希望のため自由契約となりました。

f:id:okimono:20161015151245j:plain

 鈴木選手といえば言わずもがな、代走の切り札。代打の切り札矢野選手がヒットで出塁→鈴木選手が代走という流れは、多くのセリーグファンがため息をつき、相手バッテリーが露骨にそわそわし始める展開でした。

 また代走だけでなく打撃でも結果を残しており、かつては俊足の一番バッターとしてスタメンに並び、スイッチヒッターながら長打力も誇りました。

 しかし本人のスペ体質と、鈴木の盗塁の才能を見出した原監督が代走の切り札としてベンチ入りさせるようになり、原監督=鈴木選手の起用を見出したといわれるほどです。鈴木選手の代走で試合を決定付けたことも一度や二度ではありません。それを象徴する試合が2015年のヤクルト戦です。

 

多くの巨人ファンが「また壊れた信号機が壊れやがった!!!」と思ったのもつかの間、まさかのセーフ。その技術から「神の手」と称されました。

 そんな鈴木選手も今年で現役を引退。巨人は走塁コーチのポジションを用意していると見て間違いないでしょう。ただその後の進退を明言していないため、少し野球から離れるか、コーチ留学などもありえるかもしれません。

 

f:id:okimono:20161015151233j:plain

 次に構想外となり巨人を去る加藤選手。巨人は球団職員を用意するも本人が現役を希望。自由契約となりました。

 加藤選手ときいて誰もがまずあげるのが「日本シリーズの多田野選手の死球騒動」その後の長野選手への報復死球も相まって大荒れした事件だったのは言うまでもありません。また巨人ファンがあげるとしても「木村選手の緊急捕手復帰」です。これは最後の捕手だった加藤選手が頭部死球で試合続行が不可能となったため捕手がいなくなり、かつて捕手経験があった木村選手が鶴岡選手のキャッチャー道具を借りて試合を続行。みごとやりとげた話です。

 これでわかるとおり、加藤選手ははっきりいって地味です。ヒーローインタビューこそあったが、タイトルを獲得するほどの成績を残したこともなく、エース捕手として巨人に台頭した選手でもありません。なんと初の猛打賞が17年目というから驚きです。しかしこの加藤選手が必要でなかった選手といわれれば、それは全くの的外れの意見です。加藤選手は素晴らしく優秀なサブキャッチャーでした。

 試合に出れば打率は.250の成績を残し、キャッチング・スローイングも無難にこなし、どの投手と組ませてもそれなりに安定した結果となる。メイン捕手としてどうかといわれれば物足りなさはありますが、優秀なサブ捕手として巨人を支えました。

 この二人が去るというのは、巨人にとって大きな事件であり、一つの大きな方向転換のタイミングでもあると思います。