読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

高卒ドラ1筆頭 寺島 成輝選手  履正社 投手

 

f:id:okimono:20161014222555j:plain

今秋ドラフト1位候補寺島成輝投手(3年)を擁する履正社(大阪)が、初の全国タイトルを手にした。決勝最多の14得点で広島新庄を圧倒し、国体初制覇。寺島は7回裏の代打で登場し、8、9回を1安打2奪三振無失点。U18(18歳以下)アジア選手権に続く頂点に立ち、全国V左腕として20日のドラフト会議を待つ。

 世代最後の優勝をさらって、寺島が高校野球生活を終えた。国体全4試合2桁安打の強力打線が援護。9回2死からの大飛球も、右翼の山本侑度(3年)が変わらない堅守で好捕。心強い仲間に支えられ、世代NO・1左腕は履正社初の全国大会優勝投手になった。

 「日本一なんでうれしいです。一緒にやってきた仲間と最後に勝てて良かった」。前日4日の準決勝の守備で負傷し、先発を外れた正捕手の井町大生(だい=3年)が最後はマスクをかぶった。「あまりそういうことは言わないんですが、井町が受けてくれてうれしかった」。甲子園3回戦敗退に号泣した女房役と、秋は笑い合えた。

寺島、履正社に初の全国V ドラフトへ最高の手土産 - 高校野球 : 日刊スポーツ

 

【寺島選手の評価】

 183センチの長身と最速150キロのストレート、そしてスライダーを含む多種の変化球を武器とする本格派。多くのスカウトがその素材を評価しており、早くからドラフト一位の一人だった。

 もともとは単独ドラフト評価だったが、甲子園、U-18で大きく評価をあげ競合ドラフトクラスにまでのぼりつめた。

 また野手としても高い評価をえており、U-18では打率3割、長打率.450台と結果を残している。