読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

日本大学代表で4番をつとめた強打のサード 大山 悠輔  白鴎大  サード

 

f:id:okimono:20161012190502j:plain

アニキ好みのスラッガーが急浮上だ。阪神が10月20日のドラフト会議で大学日本代表の4番を務める白鴎大・大山悠輔内野手(4年=つくば秀英)を上位候補としてリストアップしていることが20日、分かった。ドラフト1位には創価大の最速156キロ右腕、田中正義投手(4年=創価)が最有力。大学ジャパンのエース&4番のダブル取りの可能性も出てきた。

 喉から手が出るほど魅力的な右の大砲が栃木にいた。全国大会の経験がない大山だが、その実力は折り紙付きだ。今夏には長打力を買われ、大学ジャパン入り。東京6大学、東都などの有名選手が集まるなか、4番に抜てきされた。本職の三塁に加え、遊撃、二塁も守れるユーティリティープレーヤー。運命のドラフトまで1カ月を切って注目度が高まっている。

 虎のスカウトも熱視線を送る。直近では今月17日に行われた関甲新リーグ、新潟医療福祉大戦に担当の平塚スカウトら4人のスカウトを派遣。パワフルなスイングを複数の目で見つめた。球団関係者も「他の球団もほしいと思うような逸材だと思います」とほれ込むほど。他球団のスカウトからは右の内野手では社会人を合わせてもNO・1という声も上がる。

 金本監督も気に入るはずだ。大山はつくば秀英(茨城)時代はほぼ無名。地方の大学に入学し、その才能を開花させた。東北福祉大から広島に入団し、努力で球界屈指のスラッガーになった指揮官とも重なる部分はある。外国人補強などとの兼ね合いにもなるが、三塁は補強ポイントの1つであることは間違いない。鍛えれば鍛えるだけ成長してくれそうな身体の強さも魅力。金本監督好みであろう逸材を、ドラフト直前まで追いかける。

阪神が大学侍4番獲り 白鴎大・大山に熱視線 - 野球 : 日刊スポーツ

 

【大山選手の評価】

 即戦力スラッガーが少ない今季ドラフトの中で、通算18発を残し、通算打率も3割を超えている。また守備についても元投手の強肩をもっており、理想的なサードといえる。

 強打のサードはどの球団も補強したいポジションであり、現段階では3~4位の指名が濃厚。