読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

ストレートを主体とするパワー型先発 池田 隆英 創価大 投手

 

f:id:okimono:20161011213412j:plain

「東京新大学野球創価大10-0杏林大」(10日、さいたま市川通公園野球場)

 創価大が七回コールド勝ちし、勝ち点3とした。ドラフト上位候補右腕・池田隆英投手(4年・創価が2安打完封。150キロを計測した直球が走り、初回1死満塁のピンチを連続三振で切り抜けて以降は相手を寄せ付けず、七回2死まで走者を許さなかった。

 「最初から真っすぐで押すという課題を持っていた。今日はいいボールを投げられるという自信があった」と手応え十分。「これを続けていかないと、信頼を得ていけない」と、好投にも気を引き締めた。

 8日の1回戦は、ドラ1候補田中正義投手(4年・創価)が5回3失点で降板。八回に逆転した直後、降雨コールドとなる薄氷の勝利だった。

 一転しての完勝に、岸雅司監督は開口一番「池田がエースだね」とニヤリ。田中とは8日夜に話をしたことを明かし「気持ちの問題だね。『楽に勝とうと思ったところがあった』と言っていた。正義も(池田の好投に)刺激を受けたのでは」と、波及効果を期待した。

 15日からの流通経大戦は、優勝を左右する様相を呈している。田中は「1戦目をカバーしてもらった。流通経大戦は全員で勝てたらいい。緊張がないわけがないので、プレッシャーを全部受け入れて力を出すしかない」と、必勝を誓った。

創価大のドラフト上位候補右腕・池田が七回コールド2安打完封/野球/デイリースポーツ online

 

【池田選手の評価】

 田中正義選手ばかりが注目されるが、ドラフト上位候補に名を連ねる右腕投手。最速151キロ、常時140キロ台のストレートを主体とし、スライダー・カーブ・シンカーを使う。現在は先発として結果を残しているが、威力のあるストレートで押していくパワータイプであり、制球にバラツキがあることから、先発でなく中継ぎ・リリーフタイプに近い。使える変化球が少ないため、先発では調子の良し悪しで結果に大きな波が生まれるタイプになる。

 現状では3~4位の指名が濃厚。上位指名にあげるところも多いが、創価大が所属するリーグは強豪リーグとは言い難く、全国大会での結果が乏しいため、即戦力としては未知数な部分が多い。パワーはあるためリリーフとして即戦力で使うか、資質を評価し変化球を覚えさせ先発として鍛えるか、といったところである