読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

捕手転向1年たらずながらも打撃を注目される  坂倉 将吾 捕手 日大三高校

 

f:id:okimono:20161009171610j:plain

日大三がデッドヒートを制し、3年ぶりの頂点へ前進した。第98回全国高校野球選手権西東京大会で、日大三が9回裏の土壇場で4点を奪い、佼成学園に逆転サヨナラ勝ちした。6-9で迎えた9回裏、1点差に迫りなおも無死一、三塁で浜本広幸外野手(3年)が同点打を放ち、プロ注目の坂倉将吾捕手(3年)が中堅へサヨナラの犠飛を放った。5回に5点をとった後、6回に8点を奪い返された激闘に、日大三が10-9で決着をつけた。

日大三が死闘サヨナラ プロ注目坂倉V犠飛/西東京 - 高校野球 : 日刊スポーツ

 

【坂倉選手の評価】

 甲子園未出場ながらも注目の強打のキャッチャー。2年までは外野手を勤めていたが3年に捕手に転向。外野手時代からの強肩と、スカウトから評価されるリストのやわらかさを活かした強打が注目されている。通算20発を超える。

 捕手としてはまだまだ経験不足であるため総合力は低い。強肩強打だと同タイプで九鬼選手がいるが、評価としては甲子園で結果を残した九鬼選手の評価が高い。

 現状では5~7位の下位指名候補。捕手としてはまだまだ未知数の部分が多いが、外野手経験があるため、最悪外野へのコンバートも可能であることから取りやすい選手ともいえる。