読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

故障に悩むドラ1候補  九州産業大 高良 一輝選手 投手

ドラフト投手 大卒ドラフト候補 野球

f:id:okimono:20160916215410j:plain

 

3月16日に行われた福岡ソフトバンク2軍とのプロ・アマ交流戦で、九州産業大のドラフト候補右腕・高良一輝が圧巻の投球を見せた。テークバックがコンパクトなフォームから、キレの良いストレートやタテに割れるスライダーを駆使し、5回打者15人をパーフェクトに抑えてみせ、三振も7個奪った。

 

 この試合を視察していたソフトバンク・福山龍太郎スカウトは「その日の最速は143キロくらいでしたが、1軍経験のある選手も振り遅れていました。球持ちが良くて、出所が見えづらくて角度があります。タテのスライダーが良いですし、制球力が高いですね」と評価した。

 

 また、過去3年6季の福岡六大学リーグでの通算成績は16勝1敗と圧巻の成績を残し、全国大会にも3度出場。昨春に浜田智博(中日)からエースの座を引き継ぐと3試合連続完封勝利を挙げるなど防御率0.31の好投でチームをリーグ優勝に導いた。その後の全日本大学野球選手権でも1回戦の仙台大戦で三振16個を奪い完封勝利を挙げるなど全国8強の原動力となった有望株だ。

九産大の絶対的エース・高良にプロも注目「今年は全国4強とプロ入りを目指す」 - スポーツナビ

 

【高良選手の評価】

 早くから注目されていた即戦力右腕。最速147キロのストレートと複数の変化球。そしてコントロールを武器とし、防御率0点台と脅威の記録を残している。その評価は明治大の柳選手や東京ガスの山岡選手以上のものだった。

 しかし今年になってから怪我に泣かされ、春季リーグ以降は登板がなく、9月に復活するも再び肩の違和感で途中降板と不安を抱えている。本来であればドラフト1位指名も狙えるほどの逸材であるが、肩の違和感という投手としては非常に不安な点を抱えているためはずれ1位、もしくは2位の上位指名の可能性あり。横浜のドラフト2位で入団した石田選手のように、怪我もちで評価を落とし入団後活躍というプランを描くスカウトも少なくは無い