読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

素材型先発社会人 東芝 谷岡 竜平

 

f:id:okimono:20160929190345j:plain

第42回日本選手権関東最終予選(19日、東芝5-2JR東日本大田スタジアム最速150キロのドラフト候補右腕、東芝・谷岡社会人野球日本選手権関東代表決定戦1回戦・JR東日本戦で7安打2失点で完投し、5-2の勝利にチームを導いた。この日の最速は147キロ。フォークボールも交えて好投したが「まだまだ、詰めが甘い」と満足した様子はなし。11球団が視察し、DeNA・吉田編成スカウト部長は「攻めの投球ができる」と高く評価した。

ドラフト候補の東芝・谷岡、7安打2失点で完投も「まだまだ、詰めが甘い」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

【谷岡選手の評価】

  社会人ではリリーフ・先発両方を経験し現在は先発をこなしている。ストレートを主体にパワーで押していくタイプのためか6~7回でばてることがあるが、一方で完投をこなすなど成長を見せている。3年目ながらも高卒社会人であるため大卒選手より若く、将来性を評価するスカウトもある。

 現状では5~6位と下位指名が濃厚。投手豊作の年であるため指名漏れとなる恐れもあり、4年目で先発としてのスタミナを揃え即戦力先発としてドラフト指名を待つという選択もある。