読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

通算37発、強打のショート 石垣 雅海選手 酒田南

ドラフト野手 野球 高卒ドラフト候補

 

f:id:okimono:20160827084927j:plain

プロ注目の酒田南・石垣雅海内野手(3年)の夏が終わった。

 2年連続の夏の甲子園を狙う鶴岡東に4本塁打を含む14安打を浴び、5-16の5回コールドで敗退した。2打数無安打に抑えられ、高校通算37本 塁打で終わった石垣は試合後、今大会4戦3発の打撃について「やってきたことは間違いではなかった」と話し、進路については「監督と相談してプロという形 でやっていきたい」と話した。

酒田南・石垣 進路は「プロという形で」/山形 - 高校野球 : 日刊スポーツ

 

【石垣選手の評価】

 今年は明石高校・糸野選手や賀気比・林中選手など高卒ショートが豊作の年であり、この石垣選手もその一人となります。

 高校通算37発の長打力を誇り、そのパワーや柔らかさは多くのスカウトが注目しています。また守備に関してもライト・サード・センターと経験し、3年から始めたショートをこなすセンスもみせており、コンバートへの対応性も見せています

 打撃の高さ・守備への対応を考え、現状では4~6位の指名が濃厚です。甲子園出場経験があればもっと上の指名となるでしょうが、現状では同タイプの糸野選手がいるため優先度が下がっています。