読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

地方予選で消えた原石の一人 東郷太亮選手  神戸国際大付属高校

ドラフト投手 野球 高卒ドラフト候補

f:id:okimono:20160823223833j:plain

兵庫のトレンドは“2枚看板”

 優勝候補筆頭に挙げた神戸国際大付は、2人のプロ注目投手がチームを引っ張る。

 一人は、東郷太亮。高校2年時の春ですでに143キロの速球を投げていた男は、常時130キロ後半のストレートが投げられるようになったことに加え、キレ味鋭いスライダーは打者にとって厄介。182センチの長身で、しかもサウスポー。早くから注目を集めている。

もう一人が平内龍太。こちらはMAX145キロを誇る速球派右腕で、空振りを奪う鋭いスライダーも魅力十分。ただし制球に課題を抱え、押し出しの四球を連発した試合もあった。それでも、強力な“左右の両輪”を擁する神戸国際大付は、もっとも甲子園に近いだろう。

【高校野球】“2枚看板”がトレンド!? 注目投手がひしめく兵庫県 (ベースボールキング) - Yahoo!ニュース

 

【東郷選手の評価】

 最速143キロの直球を182センチの長身から投げ下ろすパワータイプの左腕。一方で変化球はスライダー・カーブと決め球に欠けており、制球にも課題を持っています。戦力になるには最低でも後2種は変化球が必要になり、決め球となる変化球を磨く必要性も出てきます。

 しかしその長身とストレートは魅力であり、将来的な中継ぎ左腕としての可能性が期待できます。

 地方予選敗退のため実績も少なく、現状では下位8~10位もしくは育成指名が濃厚です。