読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

強肩を誇る守備型捕手  古賀 優太選手  明徳義塾

 

f:id:okimono:20160819210811j:plain

アルプス席に指笛が鳴り響く。初出場で初戦に大勝した嘉手納は、選手も応援席も勢いに乗る。受けて立つ明徳義塾のバッテリーが、淡々と抑えていった。

 エース中野の直球の球速は130キロ台前半。驚くような変化球もない。それでも打ち取る方策を捕手の古賀は言う。「投手有利のカウントに持っていくこと。どうやって1ボール2ストライクに追い込むかです」

 1年秋から背番号2を背負う。選抜も合わせると甲子園は3回目。だが、過去2回は初戦負けで怖さを知った。「甲子園はデータが通用しない」。この夏、打 席の相手をよく見るようになった。打者の足元、スイングに目をこらす。「頭のデータと合わせて配球を考える。観察力が上がってます」。この試合、嘉手納の 打者が変化球狙いに変わったと感じ、中盤から直球を決め球に変えて奏功した。

 七回には2番手で横手投げの林田、八回途中からは3番手の金津が登板。タイプが違う3投手を操った。そして、3年ぶりの8強入り。打撃でも3安打と気を吐いたが、「打線は水物。守り勝つ野球を続けたい」。頼もしい守りの要が強豪の進撃を支えている。

明徳義塾3年ぶり8強 「守り勝つ野球」要の捕手・古賀 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

【古賀選手の評価】

 今季の高卒ドラフトで「打撃の九鬼・守備の古賀」と称される高卒ドラフト捕手の代表格の一人。多くのスカウトが注目する肩は二塁到達は1.9秒台。二秒を切れば強肩とされる世界で、高卒でありながらこの強肩は高く評価されている。スローイングも安定しており、捕手としての守備能力はすでに頭ひとつ秀でている。また本格的に捕手を始めたのが高校からということで、捕手としてさらなる成長が期待される。

 一方で打撃は心もとないものがあり、高校通算二発・甲子園打率は.286となっている。

 当初は5~7位の下位指名が濃厚だったが、甲子園において強肩・安定したスローイングを強豪校相手にも発揮しており、その評価をあげている。しかし多くの球団が投手優先ドラフトをかかげており、4~5位の指名が濃厚か