読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

チェンジアップを武器とする素材型左腕。鈴木 拓人選手  聖光学院

ドラフト投手 高卒ドラフト候補 野球

 

f:id:okimono:20160817232923j:plain

聖光学院光南を6-5で振り切り、自ら打ち立てた戦後最長記録を更新して、10年連続13度目の夏の甲子園出場を決めた。2点リードされた直後の8回裏 に同点に追いつき、2死一、二塁から2番磯辺伶也内野手(3年)が勝ち越し右越え二塁打を放った。投げてはエース左腕・鈴木拓人(3年)が5回から登板 し、5回4安打3失点で粘り、最後を締めた。

絶対的エースが夏を前に不調にあえいでいた。春の県大会準決勝で磐城に打ち込まれ大会7連覇を逃した。 昨秋に最速140キロを計測したが、春は球速が伸びず細かい制球力も失った。「ひと冬越えて自分が想像していた成長度とのギャップに苦しんだ」。精神的に 伸び悩み、春の東北大会ではベンチ外が検討されるほど調子は上がらなかった。

 夏本番前の3日、ベンチ外の3年生同士の引退試合だった。1年の6月に腰を痛め、2年秋からマネジャーに転身した千葉真啓(3年)が泣きながら高 校最後の打席に立ち、安打を放った姿にチームメートは号泣した。鈴木拓は振り返る。「涙が止まらなかった。バット何本振ったとかの理屈ではなくて、1人の 人間としての強い思いがヒットにつながった。気持ちが吹っ切れた」。その日の午後に行われた紅白壮行試合では一転、7回無失点と好投。雑念を振り払い、 エースとしての自覚を取り戻した。

聖光学院10連覇 覚悟を決めたエース鈴木拓/福島 - 高校野球 : 日刊スポーツ

 

【鈴木選手の評価】

 175センチの最速140キロ左腕。チェンジアップとタメの少ないフォームから投げ込むストレートが武器。スライダー・カーブ・チェンジアップと左腕選手にとって大きな武器となる変化球を揃えており、試合を作れる先発として将来性が期待される。

 高橋・堀選手などさまざまな武器を持った高卒左腕が並ぶ中で、現在の実績では5~7位の下位指名、もしくは大学・社会人野球へ進むことが濃厚となります。