読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

制球に優れた左腕 早川 隆久選手 木更津総合

ドラフト投手 野球 高卒ドラフト候補

 

f:id:okimono:20160817223606j:plain

木更津総合(千葉)早川隆久投手(3年)が2試合連続完封で初の8強に導いた。3回まで4三振を奪うパーフェクト投球。4回先頭の杉村に初安打を許したが 併殺で切り抜け、中盤以降はゴロの山を築いて3安打99球で完封した。早川は「ほっとしました。打たせて取る自分らしい投球ができました」と言った。準々 決勝は作新学院(栃木)との対戦となり、「次もコースを丁寧についていきたいです」と言った。

木更津総合・早川「ほっ」2戦連続完封で初8強 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

【早川選手の評価】

 

 甲子園で大きく評価を上げている高卒左腕。早川選手は左腕ながら高い制球力と出所が見にくい変則フォームで打たせて取るピッチングを武器とする。ストレートで勝負する寺島・高橋選手とは対照的な投球スタイルをとる選手です。

 常時130キロと決して早いストレートではありませんが、高卒左腕でありながら高い制球力を持つのは魅力であり、はずれ1位指名もしくは2位指名にまで評価をあげた選手です。