読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

トップクラスのストレートを持つ高校生 作新学院 今井達也選手

 

f:id:okimono:20160812220127j:plain

作新学院(栃木)のドラフト候補右腕・今井達也投手(3年)が、球場の球速表示では今大会の投手で初めて150キロの大台を突破した。

 2-0とリードして迎えた二回1死一、三塁の場面で、7番・渡辺を2ストライクと追い込むと、自己最速を1キロ上回る150キロの内角直球で空振り三振。さらに2死二、三塁から、8番・松原への5球目が151キロを計測。スタンドからは「お~」というどよめきがもれた。

 続く6球目も外角低めへの151キロで空振り三振。自慢の快速球でピンチを脱出した。

作新学院・今井が151キロ!球場球速表示で大会初の大台超え/野球/デイリースポーツ online

 

【今井選手の評価】

  今年の甲子園で直球で湧き上がった選手といえば横浜高校藤平選手と作新の今井選手。最速151キロの直球とスライダーを武器とし、甲子園で大きく評価を上げている

 一方で制球に課題を残しており、武器となる変化球も乏しいことから即戦力になるかと言われれば怪しいところもある。しかしまだ体が完成しきっていない状態で150キロを連発する将来性をスカウトは高く評価しており、このまま甲子園で勝ち上がればはずれ1位、もしくは2位で消える選手となる。


甲子園 作新学院 今井達也 151キロ!!!