読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

千葉の150キロ高校生 東海大市原望洋 島孝明

ドラフト投手 高卒ドラフト候補 野球

f:id:okimono:20160803225207j:plain

 東海大市原望洋のプロ注目153キロ右腕・島は0―1の7回途中から救援登板。7球団のスカウトの前で150キロを計測し、2回2/3を無失点に抑えた。

  しかし、惜敗して涙を流し「悔しいけれど、後悔はない」。木更津総合との大一番で、安定感抜群の2年生右腕・金久保を先発させ、島を救援起用したことに相 川敦志監督は「これがうちの必勝パターン」と説明した。島は今後について「これから監督や親と相談する」と話すにとどまった。

【千葉】東海大市原望洋153キロ腕・島悔いなし…今後は「監督や親と相談」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

 

 【島選手の評価】

 今年は高卒ドラフト投手で最高速150キロを超える選手が数多く存在しており、島選手もその一人です。ストレートとスライダーを武器とし、先発とリリーフ両方をこなしており、先発ローテと将来的な守護神の両面で期待できる選手です。

 一方でプロ志望については言及しておらず、千葉ロッテが上位指名を表明していますが、大学進学の可能性もありなんともいえないのが現状です。