読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

ショートで強力な足と守備を誇るチャンスメーカー  東洋大 阿部 健太郎選手 

ドラフト野手 大卒ドラフト候補 野球

 

f:id:okimono:20160803223959j:plain

プロ注目の東洋大阿部健太内野手(4年=帝京)が、三塁打2本を含む5打席連続出塁で勝ち点奪取に貢献した。

 初回の第1打席は四球。3回は無死一、二塁で「とにかく走者を進めようと思った」と犠打を三前に転がし、50メートル5秒9の俊足を生かして内野安打とした。

 4回は左翼線への打球も迷わず二塁を蹴って三塁打。6回の第4打席は右中間へ三塁打を放った。8回は遊撃への平凡なゴロも、全力疾走で相手の失策を誘った。

 役割を果たしたリードオフマンは「1、2試合目は自分の結果ばかり考えて足を引っ張ってしまった。チームのために出塁できてうれしい」と胸をなで下ろしていた。

 

 【阿部選手の評価】

 足と守備は即戦力クラスとされる大卒ショート。またセカンド経験もあるため便利屋としての一面もある。一方で打撃に関しては通算.260、長打率.367とあまり高いものではなく、また固め打ちタイプであるため打撃に波があるのが課題となります。

 吉川、京田選手よりも投手を上位指名とする球団の中で、ショートやセカンドの若返りを図りたい球団からの指名が濃厚。5~7位の下位指名が予想となります。