読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

各球団のドラフト1位候補予想【パリーグ編】

 今回は全球団のドラフト1位、外れ1位候補の予想です。さすがに全球団を6位指名まで予想していたら不眠症になりかねないので勘弁してください。

 ではまずは全12球団の1位&はずれ1位の一覧です。

          【1位】     はずれ一位

 ソフトバンク・・・田中正     高橋昴也 

 日本ハム  ・・・田中正     古谷優人

 千葉ロッテ ・・・山岡泰輔     島 孝明

 ライオンズ ・・・藤平尚真     高橋昴也

 オリックス ・・・藤嶋健人     黒木優太  

 楽天    ・・・田中正     柳裕也 

 

 巨人    ・・・寺島成輝     高橋昴也

 広島    ・・・山岡泰輔     柳裕也

 中日    ・・・寺島成輝     藤嶋健人

 阪神    ・・・吉川尚輝     京田陽太

 横浜    ・・・藤平尚真     佐々木千隼

 ヤクルト  ・・・京田陽太     加藤拓也 

 

 

 

ソフトバンク

 

f:id:okimono:20160802211025j:plain

 一位は田中正、はずれは高橋昴也です。ソフトバンクはここ2年の指名は肘に不安を抱えていた高橋投手、甲子園での連投で投げることすら怪しかった松本選手を指名しています。そのため本来の実力を評価し、怪我持ちでも指名に行きます。

 また絶対的エースが不在であり、投手の看板として田中選手を指名する可能性があります。はずれの高橋選手については、現在のSBのローテは和田選手以外が右腕であり、左腕ローテ候補も無理をさせられない大隣選手やあばれ馬の中田投手であり、将来的な左腕先発候補が必要となります。寺島選手は一位で消えるため、はずれ一位で高橋選手となります。

 

日本ハム

f:id:okimono:20160802211100p:plain

 一位は田中正義、はずれは古谷優人です。日ハムはその年のドラフト話題選手を指名する方針であり、ここ数年でも菅野、大谷などとなっています。田中選手は今年の話題筆頭候補であり、また古谷選手に関しては北海道出身ということで地元枠であり、また高卒左腕でありながら150キロ超えという話題性にも優れています。

 

 【千葉ロッテ

f:id:okimono:20160802211206j:plain

 実は予想が難しい球団の一つ。上位指名では独自性を出すところがあり、過去数年のドラフト1位も二球団競合の平沢・石川選手、単独指名の中村選手などが目立ちます。

 そのため今年も複数団競合は避けると予想でき、あっても広島との二球団競合で即戦力の山岡選手、またはずれでは地元枠で最速153キロの島選手候補にくると予想されます。

 

 【西武ライオンズ

f:id:okimono:20160802211251j:plain

 1位指名候補藤平選手。かつて西武でエースを誇った松坂選手や涌井選手も同じ横浜高校出身であり、右腕で剛速球投手という共通点から、藤平選手を獲得できれば松坂二世として売り出すこともできます。

 はずれでは1位候補にあがっている高橋選手。左腕ローテの菊池選手も離脱することが目立ち、まだまだ左腕ローテが欲しいところであります。

 

 【オリックス・バファローズ

 

f:id:okimono:20160802211320j:plain

 ここ数年目玉選手の単独指名に成功している球団。一位候補の藤嶋選手は投打ともに高いポテンシャルを秘めた選手であり、投手・野手ともに再建が求められるため、両面に可能性を秘めた藤嶋選手の単独指名が予想されます。

 はずれ指名についてはオリックスが上位候補にあげている黒木選手。先発ローテが確立していない中で、2位指名までには消える可能性のある即戦力候補として獲得する可能性があります。

 

 【楽天

 

f:id:okimono:20160802211354j:plain

 安楽選手や松井選手などの複数競合にも強行指名を行うことが多く、またクジ運の高さもあることから、田中将大選手に代わる看板選手の為に田中正義選手指名の可能性があげられます。また明治大の柳選手も高く評価しており、本来であれば複数球団競合クラスの柳選手も、今年に関しては単独、またははずれ1位の可能性がある中で先発ローテーション候補として獲得する可能性があります。

    

 長くなりましたので、セリーグ編については次回。