読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

今年の打てる捕手代表  九鬼 隆平選手

ドラフト野手 野球 高卒ドラフト候補

f:id:okimono:20160802192833j:plain

プロ12球団が注目する強肩強打で主将の秀岳館・九鬼隆平捕手(3年)が、熊本だけでなく夏甲子園での「恩返しV」を誓った。

 秀岳館の九鬼が熊本地震の苦難を乗り越え全国Vを目指す。4月中旬の震災の影響もあり、5月の九州大会は初戦敗退。「大事な時期にまともな練習が できず公式戦も多くなくなり不安があった」。しかし負けるわけにはいかなかった。深夜0時過ぎまでの猛練習をこなし、6月の天理との練習試合では高校通算 21本塁打を記録した。センバツでできなかった「全国優勝したい」という気持ちに拍車がかかった。

 スイング速度を上げるため1日最大1500スイング。センバツで痛めた右人さし指の影響で二塁送球などスローイングはまだ万全ではないが、体幹を 鍛え直した。5月下旬にスポーツメーカーが行った全国数千人の球児を対象にした身体測定8種で、太もも裏や背中の筋力が1位、30メートル走も4位と、ほ ぼトップクラス。センバツの悔しさをバネに積み重ねた努力が実を結び、3年間の集大成へ「結果を残しプロに行きたい」と燃えている。

秀岳館・九鬼 苦難乗り越え恩返しの全国Vだ/熊本 - 高校野球 : 日刊スポーツ

 

 【九鬼選手の評価】

 今年のドラフト候補の中で数少ない打撃型の捕手。181センチと恵体で二塁送球は1.8~9秒の強肩も武器の大型捕手。

 インコース捌きや引っ張りなど多くのスカウトがその打撃能力と肩を評価しています。一方でキャッチング能力には課題があり、野手としての評価は高いが捕手としてはどうかとの声もあります。

 今年は打撃型捕手が少ないため相対的に九鬼選手の評価は上がっており、3~5位で消える可能性のある選手です。しかし捕手としての生命線でありキャッチングに難があり、また甲子園出場が決まっているため、そこでの結果によって順位が大きく変動する可能性があります。