読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2016年内野手スラッガー筆頭 高橋優斗選手

 

  

f:id:okimono:20160801215519j:plain

高校野球愛知大会:東邦7-2愛工大名電>◇30日◇決勝◇岡崎市

 愛工大名電のプロ注目スラッガー高橋優斗内野手(3年)が東邦・藤嶋の前に無安打に終わった。1回2死二塁では空振り三振、8回1死二塁からは見逃し三振に倒れた。高校通算47本塁打の主砲は「(進路を)プロ1本で春からやってきた。自分の中ではもっと打てたんじゃないかというもどかしさはある」と悔しさをにじませた。

 

 【高橋選手の評価】


 イチロー選手の出身高校である愛工大名電出身の通算47発を誇る高卒スラッガー。またサード守備についても安定した送球に定評があり、この春から大きく評価を上げた選手です。高卒で長距離候補の選手というのはある程度数があがりますが、そこに加えて安定した守備ができるというのは大きな評価要素になります。特に内野手であるからには、守備能力がそのままレギュラーを取れるかどうかにかかってくる要素です。スカウトからもバットコントロールや守備力は一定の評価を得ており、3~5位辺りで指名が濃厚な選手となります。