読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

地方から現れた大卒左腕の星  笠原祥太郎選手

ドラフト投手 大卒ドラフト候補 野球

f:id:okimono:20160728205706j:plain

 

笠原の名前は、じわじわと中央球界に知れ渡っている。今春、ようやく全学年がそろったばかりの創部4年目、新潟医療福祉大と練習試合などで対戦した関東の強豪大学監督は、最速147キロ左腕を「今年のNo・1左腕」と口をそろえた。

 新潟医療福祉大は関甲新学生リーグの1部に昨秋、スピード昇格。今春リーグ戦は惜しくも優勝を逃したものの笠原は6勝無敗、防御率0・72。堂々の成績で侍ジャパン大学日本代表選考合宿メンバー入りを果たした。

 佐藤和也監督は「入ってきた時はコントロールが全然駄目。経験もないので、すぐにひるんだ りしていた」と当時を振り返る。だが、強化指定クラブとしての練習環境で体が大きくなった2年冬のトレーニングから、球速が一気に増した。1期生とあり入 学直後から登板機会も多く、メンタル面でも大きく成長。リーグ戦で上位チームと対戦することで刺激も受けるようになった。1部初参戦となった昨秋は、73 奪三振でリーグ記録を更新してスカウトの注目を浴びるようになると、プロを意識するようになり下半身を中心に強化。体重は入学時の74キロから85キロま で増量。球威も増したことで力でねじ伏せる投球ができるようになった。最速147キロとなった左腕に、新潟明訓を春夏通算8度の甲子園出場へ導いている佐 藤監督も「トータルで練習してきた結果。でも、ここまでになるとは思っていなかった」と目を見張る。

ソフトバンク山本省吾スカウト 中1日になっても疲れのある中で、粘り強くゲームをつくりながら投げている印象。左の先発候補として非常に楽しみ。まっすぐが速く、タフで三振が取れる、実力のある選手だと思う。まだまだ伸びしろがあるし、伸びそうな期待値がある。

 ▼ロッテ・高橋薫スカウト 全体的にバランスもよく、ストレートとスライダーは良い。伸びしろもあり、もっと良くなるんじゃないかな。春はどの大学に対してもいい投球をしていた。

 ▼阪神吉野誠スカウト まとまってていいんじゃないかと思う。左投手でスピードボールを投げられるのが魅力。見るだけの価値のある選手だと思う。

 ▼巨人・山下哲治スカウト部長 良い投手だと報告は受けている。代表候補合宿の時、どんな投手なのかじっくり見てみたい。

今年No.1左腕だ!新潟医療福祉大の147キロ左腕・笠原 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

 【笠原選手の評価】

 今年は高卒左腕は豊作の一方で大卒左腕に関しては上位指名候補が少ないのが現状です。その中で地方から徐々に名を上げた左腕が笠原選手となります。

 常時140キロを超えるストレートとスライダー、カットボールが武器の左腕。身長は177と大きいほうではありませんが、高い奪三振率を誇る本格派です。

 今年の春から一気の評価をあげ、数少ない大卒左腕の上位指名候補に名乗りをあげました。多くのスカウトからまだまだのびしろがあると評価されており、現状での即戦力、また素材として両面で評価されており、3位までには消える選手になります。