読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

関西地方 投球術を備えた投手 西田光汰選手

f:id:okimono:20160728204254j:plain

 

今秋ドラフト候補147キロ右腕、大体大浪商・西田履正社・寺島との投げ合いに敗れた。

  2回に先制を許すと、5回はスクイズで2点 目を失った。直球の最速は144キロを計測して8回を6安打2失点。踏ん張ったが、味方打線は3安打に抑えられて零敗を喫した。同じくドラフト候補の寺島 に対して、西田は3回の第1打席で見逃し三振に倒れた。「直球は速いし、甘い球がない。すごいなと思いました。寺島君は打球も速かったです」と脱帽した。

 住吉ボーイズ時代にも、箕面ボーイズだった寺島と対戦。今春の大阪府大会準々決勝でも対戦したが、いずれも勝利は遠かった。プロ志望届を提出する方向の右腕は「寺島君に追いつきたい。上のレベルで対戦する時は勝てるような投手になりたい」と前を向いた。

【大阪】大体大浪商 ドラフト候補の西田粘投実らず、相手に脱帽 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

 

【西田選手の評価】

  最速147キロのストレートと2種のスライダーを武器とする右腕。2年生からエースとして完投を連発するスタミナを持つ。

  また変化球は2種のスライダーを入れてもチェンジアップ・フォークの4種。ストレートは常時135~140前半と決して早くは無いが、通算防御率0点台と結果を残しています。

  そのため投球術を備えた投手であり、現状では下位指名が濃厚ではありますが、体が出来て常時140後半のストレートとさらなる変化球が身につけばプロでも結果を残せる選手になれる素材を持っています。