読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

通算1勝 超ノーコン剛速球投手 中塚駿太選手

大卒ドラフト候補 ドラフト投手 野球

f:id:okimono:20160726222517j:plain

 この春、全国的な知名度はまだ低いものの、ワクワクする剛腕の投球を初めて見た。白鴎大・中塚駿太投手(4年・つくば秀英)。多くの球団のスカウトが熱視線を送る右腕だ。

  3年生だった昨秋の段階で最速153キロを誇っていたが、ひと冬を超えてさらに成長。2月のオープン戦で154キロに更新すると、4月10日に行われた関 甲新学生リーグ・関東学園大戦では、最速157キロをマーク。リリーフの1イニングとはいえ、この試合はほとんどの直球が155キロ前後だったという。

 球速に加えて、目を引くのが恵まれた体だ。身長191センチ、体重103キロという外国人並みのビッグサイズ。

  これほどの大器が、なぜ今まで無名だったのか。理由は制球力のなさだ。高校時代は「球が速いだけ。試合に使える投手じゃなかった」と自ら認めるように、常 に3、4番手で公式戦登板は2度だけ。白鴎大でも、昨秋までは6シーズン未勝利だった。今季は初先発した今月8日の新潟医療福祉大戦で念願のリーグ戦初勝 利。だが、リリーフした15日の上武大戦では制球難が顔を出し、1回2/3を4失点で降板。直球を痛打される場面もあった。

 チームのエー スではない。通算1勝と実績も乏しい。現状では、大事な試合に信頼して送り出せる存在ではない。それでも、今秋ドラフトの上位指名候補にリストアップする 球団があると聞く。スカウト陣からは「今まで見た選手の中で一番速い」「伊良部(元ロッテ、阪神など)を思い出した」「スピードは田中正義(創価大、最速 156キロ)並み。十分でしょう」といった言葉が相次いだ。プロにとっても圧倒的な球速は、やはり大きな魅力なのだ。

【野球】通算1勝でもドラフト上位候補/オピニオンD/オピニオンD/デイリースポーツ online

 

【中塚選手の評価】

 最速158キロと191センチという恵体を誇る超ロマン型投手。しかし一方で超がつくクラスのノーコンであり、大学通算防御率は17点台。四死球率にいたっては平均24死四球という異次元の数字となります。元横浜の北方投手を彷彿とさせる特徴を誇ります。

 記事では上位指名もあるとの記載もありますが、これだけの有力投手がいる中この成績で上位指名をしようものなら編成の首が飛びます。今年は防御率は4点台後半と改善されていますが、それでも上位指名とはいえないでしょう。

 6~8位の下位指名。もしくは育成での指名が濃厚となります。