読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

速球型左腕のロマンの塊、江陵・古谷優人投手

 bb_furuya01m_160516-ogp_0.jpg

 プロ注目の左腕、江陵・古谷優人(3年)が自己最速を4キロ上回る154キロを2度マークし、チームを初の8強進出に導いた。初回からエンジン全開だった。1回1死、旭川西の2番高松賢太郎遊撃手(3年)に対して投じた3球目。旭川スタルヒンの電光掲示板に154キロと表示され、球場のざわめきを誘った。同打者に対し、続く7球目でも再び記録。この日150キロ台は8度計測され「ブルペンに入った時から球がいっているなと思っていた。今季で一番いい状態で投げられた」と、好調をアピール。5回2死まで無安打投球。5安打12奪三振1失点での完投勝利を挙げた。注目左腕、江陵・古谷が154キロを2度/北北海道

 【古谷投手の評価】

  今年の高卒左腕の中で最速の投手とされる古谷投手。150キロ越えのストレートとスライダーが武器の投手です。しかし速球型の左腕と聞くとある想像が出てきます。「あれ?その並びって次にノーコンって出てこない?」と。ちなみに古谷投手の四死球数。今年の地方大会の成績だと9回5死四球。7回9死四球。4回1死四球・・・うーん、あまり制球は良くないようです。

 しかし速球型のスライダーが武器のノーコン左腕・・・やはりロマンです。山口投手の成績が奮わない今、巨人には戸根・公文など変則型の左腕中継ぎはいますがパワータイプの左腕はいません。古谷投手を将来的な中継ぎにするというのも手かもしれません。実際に巨人山下スカウト部長は「高校生でこれだけ速い投手はいない」と、そのスピードを評価しています。

 ただ地元枠として日ハムが3位くらいでいきそうな気がしてならない。今の日ハムは2位で今年はパリーグがドラフト優先権を持っているため、もし巨人がこのまま2位であれば、3位指名だとセリーグが先になります。 確実に取るなら3位でしょう・・・4位でとれれば儲けものですが、4位では日ハムが先に指名権を持つため厳しいものになります。

 【結論】4位でとれれば勝ち。今年の投手豊作年で3位でとるとなると・・・リスク有り。