読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

投手と強打の外野手をこなす二刀流候補、旭川実高校・陣翔大

hfghf.jpg

  1番投手が夏の主役だ。北北海道大会が開幕し、昨夏の準優勝校・旭川実が9-2の7回コールドで旭川東を下し、6年ぶりの夏甲子園へ好発進した。エース右腕&1番打者の陣翔大(3年)が、投げては最速145キロの直球を軸に6回2失点。打っては1安打1打点2得点と勝利に貢献した。

 6回5安打2失点の投手に加え、打撃でも結果を残した。0-2で迎えた4回裏は、先頭打者で四球を選び、逆転をお膳立て。4-2の7回裏無死二塁では右に流し打って走者をかえし、コールド勝利につなげた。3日のソフトバンク戦で「1番投手」で先頭打者本塁打を放った日本ハム大谷について聞かれると「僕は小学生の時から(1番投手の)経験があるので、特に気にならなかった」と、口もなめらかに振り返った。

 巨人の山下スカウト部長は「うちはピッチャーとしてより打者として評価している」と話すが、本人の目標は当然「二刀流の大谷翔平」だ。この日は日本ハム楽天などのスカウトの前で、5回に自己最速の145キロをマーク。投打でアピールに成功した。「145キロを出して甲子園に行くことが目標でしたが、達成してしまったので、150キロで甲子園にします」と陣。目標を上方修正し、夢の舞台をとらえる。旭川実1番投手・陣 コールド発進けん引/北北海道

 【陣選手の評価】

 投手としては140キロの直球とスライダーを武器とし、打者としては長打と強肩を売りとする二刀流選手のようです。本人も二刀流を意識しており、目標は大谷選手と述べています。ただスカウトも述べているように、投手としての評価はあまり高くないようです。まだまだ粗さが目立つ選手ではありますが、外野手の高齢化が目立っている巨人にとって、右の長打が打てる若い外野手の獲得は急務となります。ただ下位もしくは育成の指名となるでしょう。