読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

松山聖陵の196センチの恵体投手、アドゥワ誠選手

 高校野球愛媛大会・1回戦、松山聖陵18-0三間」(15日、宇和島市丸山公園球場)

 松山聖陵のプロ注目196センチ右腕・アドゥワ誠投手(3年)が、三間戦の五回に3番手で登板。長身から伸びのある球を投げ下ろし、3者連続空振り三振で五回コールドの大勝を締めくくった。

 d_09049159.jpg

 

 ナイジェリア人の父を持つ最速145キロの逸材。バックネット裏に巨人、日本ハムのスカウトが視察に訪れた中、球速こそ137キロ止まりだったが「力まずに投げて、いい球が行っていた」と相手打者を寄せ付けなかった。松山聖陵のプロ注目196センチ右腕・アドゥワ、1回を3連続K

 【アドゥワ誠の評価】

 誠投手は身長196センチの超素材型の投手。その長身から投げ下ろす140の直球とチェンジアップが武器。しかしコントロールに課題があり、8回5死四球で4失点でで負けた試合もあるため、投手としてはまだまだ未完といえます。そのため下位指名もしくは育成での指名が濃厚となります。

 個人評価:C-