読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

和田恋内野手の外野コンバートをどう評価するか

  wada.jpg

 2016年に入ってから和田恋内野手(=2013年ドラフト2位)が2軍の試合の中で外野守備につく場面が見られます。和田選手はもともと打撃を評価されての指名でしたが、もともとのポジションだった内野守備がひどく、とても1軍で使えるようなものではありませんでした。

 ちなみにNPB公式サイトによると、2015年の和田選手の守備率は

  セカンド:守備率.958、

  サード:守備率.909

ファースト:守備率.989となっています。ファーストは助っ人外人のポジションになりやすいことから、他のポジションの成績がこれではとても使えないでしょう。

 その中でサードは岡本和真内野手(=2014年ドラフト1位)がサードを、セカンドでは今年入団した山本 泰寛内野手(=2015年ドラフト5位)が対等する中で、そのポジションを奪われていきました。山本選手に関しては1軍で結果を出していることもあり、なおさら危機感を持ったのだと思います。

 また和田選手の特徴として強肩がありました。キャッチャーコンバートが検討されたほどのものであり、その二塁到達速度は1.78秒。2秒を切れば強肩といわれる中で未経験状態での送球なのだから、その肩は相当なものだと思われます。

巨人 1年目・和田恋を捕手テスト 送球動作で“本職”上回り最速

 外野ならばその強肩いかんなく生かすことが出来ます。ただし足が速いタイプではないため、生かすとすればライトがメインになるでしょう。もしこのコンバートが成功すれば、今の巨人に足りない右打ちの外野手が一人誕生し、今後のドラフト戦略にも大きな影響を与えるでしょう