読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

巨人秋季キャンプメンバー発表。メンバーから見る首脳陣の思惑

巨人は1日、5日から始まる秋季宮崎キャンプに参加する28選手を発表した。メンバーは以下の通り。 【投手】 杉内俊哉、桜井俊貴、宮国椋丞、与那原大剛、戸根千明、公文克彦、乾真大、中川皓太、長谷川潤、篠原慎平、橋本篤郎、ソリマン、アダメス 【捕手…

2016年、指名有力候補とされながらドラフト指名漏れとなった選手のその後の進路

ドラフト指名の光の一方で存在するのが指名漏れとなった選手。指名有力とされながらも、指名順位の縛り、各球団との補強ポイントのずれなど理由は様々。今回は指名を有力視されながらも指名漏れとなった選手のその後の進路についてです。ただし高卒選手につ…

このブログの今後の話題について

16年ドラフトも20日に終わり、来年のドラフト候補の紹介をしてもいいのですが、何分まだ情報が少ない。JRの田嶋選手や横浜高校の増田選手辺りなら紹介できますが、それでも10人ちょっとで限界です。 一方で巨人もまだまだ動きが少ないのが現状。秋季…

巨人、2023年完成目標に、ファーム新球場を建設。完成予想図も公開

巨人は24日、東京都稲城市にファーム用の新球場を建設するため、同市の南山東部土地区画整理組合(森俊勇理事長)と土地売買予約契約を締結したと発表した。 今後、関係機関と調整を進め、2021年3月末に着工し、23年3月末の完成を目指す。 用地は…

2016年ドラフトを踏まえて巨人の支配下候補の選手は?

2016年ドラフトを踏まえ、気になるのはFA補強、そして春の育成支配下です。 FA補強はセンター兼1番を任せられる大島選手が最有力といわれています。Cランクの左中継ぎの森福選手も候補ですが、SBから出るかといわれると怪しいところがあります。…

2016年巨人育成ドラフトを振り返る。やはり投手・外野手中心の補強に

okimono.hatenadiary.jp さて、それでは育成を振り返りたいと思います。まずは一位の高井選手。 巨人が育成ドラフトで1位指名したBC新潟の最速152キロ右腕・高井俊投手(21)が新潟市内で会見し「日本一のクローザー」を目標に掲げた。 トルネード右…

2016年巨人支配下ドラフトを振り返る。7位ですべてをもっていかれた

巨人軍は、1位で中京学院大の吉川尚輝内野手の交渉権を獲得しました。2位以下は6選手すべて投手を指名しました。 吉川選手は右投げ左打ちで、俊足、左右に打ち分けるバットコントロールを誇る内野手です。 由伸監督は「スカウトから『野手では今年のナン…

【巨人】ドラフト1位は創価大・田中正義と発表。各球団の一位候補をまとめる

巨人は19日、20日に行われる「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」の1位指名を創価大・田中正義投手(4年)に決め、公表した。東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開いた後、堤GMが報道陣に対応。「明日は田中投手で…

巨人、一位候補を田中・佐々木・柳の大卒3投手に絞る

巨人は18日、都内の球団事務所でスカウト会議を開き、20日のドラフト会議に向けた1位指名候補を、田中正義(創価大)、佐々木千隼(桜美林大)、柳裕也(明大)の3投手に絞り込んだ。 山下スカウト部長は、「即戦力を重視した。3人とも成績を残せる投…

即戦力ドラ1先発の一角  黒木優太 立正大 投手

最速153キロのドラフト候補右腕の立正大・黒木が13日、東都大学リーグ2部の拓大3回戦に先発。5回を8安打5失点と崩れ、チームは4-8で敗れた。引き分けた11日の1回戦から中1日。プロ5球団が視察したが、一回に3安打3四球で3失点し「悪く…

代走の切り札鈴木選手とベテラン捕手加藤選手が去った巨人。その二人におもうこと

CS敗退後鈴木選手が現役引退を発表。その後巨人一筋で捕手をつとめた加藤選手が来季構想外に。巨人は球団職員を勧めたが本人が現役希望のため自由契約となりました。 鈴木選手といえば言わずもがな、代走の切り札。代打の切り札矢野選手がヒットで出塁→鈴…

第3回【最終】2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成5~7位】

okimono.hatenadiary.jp 【育成5位指名予想①】内村 僚選手 有明高校 捕手 甲子園出場経験はないながらも、強肩が評価されている捕手。しかし打撃ではいまいち結果を出せていないことや実績が少ないことから支配下指名の可能性は低い。しかし今年の巨人は育…

小柄のスイッチヒッター外野手 手銭 竜汰選手 日本通運 外野手

日本通運は決勝でHondaに敗れて、2連覇はならなかった。プロ注目のスイッチヒッター手銭は、準決勝の東芝戦で左打席から右越えソロ。「力んで打ち損じることが多かったので脱力を意識した。いい感じに打てるようになった」と豪快な一発に納得の表情を…

高卒ドラ1筆頭 寺島 成輝選手  履正社 投手

今秋ドラフト1位候補の寺島成輝投手(3年)を擁する履正社(大阪)が、初の全国タイトルを手にした。決勝最多の14得点で広島新庄を圧倒し、国体初制覇。寺島は7回裏の代打で登場し、8、9回を1安打2奪三振無失点。U18(18歳以下)アジア選手権…

第3回【最終】2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成1~4位】

okimono.hatenadiary.jp okimono.hatenadiary.jp はい、さすがに1~7位一挙は読みづらいということで、2回に分けることにしました。その分選手一人ひとりの情報を増やしたいと思います 【育成1位指名予想①】浜元航輝 神奈川大学 ライト・センター 振り切…

守備と走塁が光る社会人ショート 源田壮亮 ショート トヨタ自動車

阪神がドラフト中位指名する可能性のあるトヨタ自動車・源田壮亮内野手が、フェデックス戦に「9番・遊撃」で出場。3打数1安打1四球と、打撃でアピールした。 九回、1-1の同点に追いつき、2死満塁で打席へ。1ストライクからシンカーに食らいつき、一…

第3回【最終】2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【4~8位】

okimono.hatenadiary.jp 前回は1~3位を予想。今回は4~8位の予想となります。正直4~8位って結構人数多くて2回にわけたいけど、そうなると4~6、7~8とボリュームが微妙になる・・・ 【4位指名予想①】才木 浩人選手 須磨翔風高校 投手 大成に時…

日本大学代表で4番をつとめた強打のサード 大山 悠輔  白鴎大  サード

アニキ好みのスラッガーが急浮上だ。阪神が10月20日のドラフト会議で大学日本代表の4番を務める白鴎大・大山悠輔内野手(4年=つくば秀英)を上位候補としてリストアップしていることが20日、分かった。ドラフト1位には創価大の最速156キロ右腕…

ストレートを主体とするパワー型先発 池田 隆英 創価大 投手

「東京新大学野球、創価大10-0杏林大」(10日、さいたま市川通公園野球場) 創価大が七回コールド勝ちし、勝ち点3とした。ドラフト上位候補右腕・池田隆英投手(4年・創価)が2安打完封。150キロを計測した直球が走り、初回1死満塁のピンチを連…

第3回【最終】2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【1~3位】

okimono.hatenadiary.jp 6日にプロ志望が締め切られ高校生・大学生のプロ志望一覧が更新されました。とうとうドラフト会議も今月となり、ここでも最終ドラフト予想を行いたいと思います。ルールは前回のラストでも述べていたとおり 1.対象はプロ志望を出…

捕手転向1年たらずながらも打撃を注目される  坂倉 将吾 捕手 日大三高校

日大三がデッドヒートを制し、3年ぶりの頂点へ前進した。第98回全国高校野球選手権の西東京大会で、日大三が9回裏の土壇場で4点を奪い、佼成学園に逆転サヨナラ勝ちした。6-9で迎えた9回裏、1点差に迫りなおも無死一、三塁で浜本広幸外野手(3年…

2016年ドラフト候補から見る巨人の補強ポイント 野手編

okimono.hatenadiary.jp 前回は投手を予想。支配下5名、育成5名と予想しました。今回は野手指名です。 まずキャッチャーから、現在の巨人は小林を正捕手とし、2番手を実松・加藤としています。相川は代打として使われる場面が多いため、捕手として数えるには…

2016年ドラフト候補から見る巨人の補強ポイント 投手編

okimono.hatenadiary.jp 前回の記事では2016年の豊作・不作ポジションを振りかえりました。豊作は高卒投手、ショート、即戦力右腕。不作は即戦力左腕、外野手でした。 次に現状の巨人の補強ポイントです。まず巨人の先発ローテについてですが 菅野(右腕)(…

10月6日プロ志望届締め切り。改めて今年のドラフトの豊作・不作ポジションを振り返る

日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は6日、プロ入りを希望する選手に提出を義務づけた「プロ野球志望届」の受け付けを締め切った。同日午後5時時点で届けのあった高校生105人、大学生111人の216人が、20日にあるプロ野球の新人選手選択(ド…

今夏から秋に急速に評価をあげている 大卒左腕  名古屋経済大 中尾 輝

146キロ、制球も威力も十分 愛知大学野球2部リーグは10日、愛知県豊田市の愛工大グラウンドなどで2回戦6試合が行われた。名経大は愛工大に1-3で敗れたが、プロ注目の148キロ左腕・中尾輝投手が8球団11人のスカウトの前で11奪三振と好投し…

巨人、16選手を戦力外・自由契約にすると発表。また外人4選手とも来期契約を結ばないとした

巨人は2日、以下の16選手に戦力外通告を行った。 ▼投手 矢貫俊之、ウーゴ、阿南徹、田原啓吾、高橋慎之介、田中太一、土田瑞起、成瀬功亮、田中大輝 ▼捕手 芳川庸、小林大誠 ▼内野手 坂口真規 ▼外野手 長江翔太、北之園隆生、高橋洸、青山誠 土田、成瀬、…

故障に悩むドラ1候補  九州産業大 高良 一輝選手 投手

3月16日に行われた福岡ソフトバンク2軍とのプロ・アマ交流戦で、九州産業大のドラフト候補右腕・高良一輝が圧巻の投球を見せた。テークバックがコンパクトなフォームから、キレの良いストレートやタテに割れるスライダーを駆使し、5回打者15人をパー…

素材型先発社会人 東芝 谷岡 竜平

第42回日本選手権関東最終予選(19日、東芝5-2JR東日本、大田スタジアム)最速150キロのドラフト候補右腕、東芝・谷岡が社会人野球日本選手権関東代表決定戦1回戦・JR東日本戦で7安打2失点で完投し、5-2の勝利にチームを導いた。この日…

2017年のドラフト候補の傾向について

今年のドラフトを考える上で重要になってくるのは2017年のドラフト候補の選手層。どのポジションが豊富か、一方でどこが不作かで今年のドラフト戦略が変わってきます。 そんな2017年のドラフト傾向ですが、2016年とは対称的になっています。それは「左腕即戦…

守備と走塁を備えた即戦力ショート  京田 陽太選手 日本大学

日大が2試合連続の逆転勝ちで勝ち点1を挙げた。今秋ドラフト1位候 補・京田陽太遊撃手(4年)は、プロ8球団のスカウトの前で5回の勝ち越し犠飛を含む1安打3打点の活躍。専大は国学院大を破り、1勝1敗として今季初白 星。秦匠太朗右翼手(2年)が…

第2回2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成指名】

okimono.hatenadiary.jp okimono.hatenadiary.jp 前回は支配下指名候補を1~8位まで挙げました。今回は育成指名候補を挙げたいと思います。2016年の育成指名については2・3軍のメンバー整備のために5~7人の指名が予想されます。そのため育成指名…

第2回2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【4~8位】

okimono.hatenadiary.jp 前回の記事では1~3位までを予想。今回は4~8位を予想したいと思います。うーん、4~6位、7~8位で分けたがよかっただろうか。 【4位指名予想①】才木 浩人選手 須磨翔風高校 投手 前回と変わらず4位指名候補としてあがった…

強打俊足の投手兼外野手  加藤脩平選手  盤田東高校

磐田東高の加藤脩平投手兼外野手が13日、県高野連を通じて日本高野連にプロ志望届を提出した。 加藤は広角に長打を放つ強肩強打の外野手として高く評価され、高校通算28本塁打。投手としても今夏、最速143キロを記録した。50メートル6秒0の 俊足…

第2回2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【1~3位まで】

okimono.hatenadiary.jp 第1回指名予想以降、甲子園、U-18,そしてプロ志望届表明と様々なイベントがあり、選手の評価も大きく変わりました。一方で大学進学・社会人野球へ進む選手も現れれています。そこで今回は第2回2016年巨人指名予想をしていきたい…

ストレートで甲子園を沸かせた男 高田 萌生選手 創志学園

最速154キロを誇る今秋ドラフト候補右腕の創志学園・高田が“速すぎる”夏の終わりを告げた。公式戦では「初めて」という2被弾を含む11安打を浴び自 己ワースト10失点。5回2/3で降板し、今大会最速となる152キロを2度計測したが「負けたら意味…

高打率の打撃特化外野手  天本 昴佑選手  秀岳館

だき 秀岳館打線において、今一番乗っている天本が考える5番打者の役割は明快だ。「フルスイングで相手の脅威になる打球を飛ばす」。その点で先制アーチは、完璧な仕事ぶりと言える。 先頭で迎えた二回、外に逃げる変化球は捨て、2ボール1ストライクから…

総合力に優れた即戦力先発  柳 裕也選手  明治大学

明大の今秋ドラフト1位候補右腕・柳裕也(4年)=同右=は9日、同校OBの川上憲伸(元中日)が持つ歴代13位のリーグ通算311奪三振超えを目標に、大学ラストシーズンの完全燃焼を宣言した。 新たな目標に、柳が意欲をみなぎらせた。同校OBで歴代1…

2016年ドラフトは近年稀に見る外野手不作年。まさかの即戦力候補なしという事態も

2016年ドラフトは投手豊作年。高卒から社会人までドラフト1位候補がごろごろという異常事態となっています。 またショートも豊作。高卒ならばスラッガーの明石の糸野選手やU-18で好成績を残した秀岳館の松尾選手、酒田南の石垣選手などが揃っており、大卒な…

柳田二世になるか 大型扇風機になるか  田中 和基選手 立教大

立大の田中和が、昨年90周年を迎えた東京六大学の歴史でも珍しい1シーズン内での左右両打席本塁打を記録した。 4―0の5回2死一、 三塁から左打席で右翼席へ2号3ランを放ち「芯に当てれば良いと思った。打てて良かった」と笑った。4月23日の早大戦…

4試合7盗塁の強肩俊足キャッチャー  郡 拓也 選手  帝京高校

今秋ドラフト候補の帝京・郡拓也捕手(3年)が、奮闘も及ばず準々決勝で散った。先制弾を含む2安打2盗塁でチームをけん引したが逆転負け。「最後の試合で一発を打てたのはよかった」としつつ「甲子園に行けないと意味がない。悔しい」と唇をかんだ。 初回…

最速155キロの大卒ドラ1候補の一人  生田目 翼投手  流通経済大

ドラフトに間に合った! 東京新大学リーグ、流通経大の最速155キロ右腕、生田目(なばため)翼投手(4年)が2日、茨城・牛久市の同大グラウンドで行 われた金沢学院大との練習試合で、昨年10月3日以来となる実戦登板を果たした。右肩痛に苦しんでき…

将来性と素材を高評価される大卒右腕 小野 泰己選手 富士大

富士大のドラフト上位候補右腕・小野泰己投手(4年・折尾愛真)は、六回途中2失点。最速150キロを計測し、尻上がりに調子を上げて先発の責任を果たした。 立ち上がりはボールが抜け、2四球でピンチを招くと、浮いたフォークを痛打されて2点を失った。…

即戦力サイドスロー 水野 滉也 東海大北海道

<札幌6大学野球:東海大北海道2-0北海学園大>◇第1節第3日◇28日◇札幌円山 東海大北海道のプロ注目サイド右腕、水野滉也(4年=札幌日大)が北海学園大相手に無安打無得点を達成した。 5回まで完全試合ペース。6回以降は5四死球と制球を乱しなが…

通算37発、強打のショート 石垣 雅海選手 酒田南

プロ注目の酒田南・石垣雅海内野手(3年)の夏が終わった。 2年連続の夏の甲子園を狙う鶴岡東に4本塁打を含む14安打を浴び、5-16の5回コールドで敗退した。2打数無安打に抑えられ、高校通算37本 塁打で終わった石垣は試合後、今大会4戦3発の…

小柄ながらも最速152キロの直球を誇る即戦力社会人中継ぎ 森脇 亮介選手 セガサミー

1回戦で先発したセガサミーの森脇が志願の登板。「力が入りすぎた」という前回NTT東日本戦は四回途中5失点で降板した。その反省を踏まえ、「フォーム と心のバランスを意識した」と六回を2三振を含む3者凡退に抑えた。日大出の2年目右腕。「点を取ら…

俊足外野手 鈴木 将平選手 静岡高校

「静高の鈴木将平」をアピールする日々が始まった。第11回U-18(18歳以下)アジア選手権(30日開幕、台湾・台中)に参加する高校野球日本 代表の合宿が23日、千葉県内でスタート。県勢でただ1人選出された静岡の鈴木将平外野手(3年)が、初日…

地方予選で消えた原石の一人 東郷太亮選手  神戸国際大付属高校

兵庫のトレンドは“2枚看板” 優勝候補筆頭に挙げた神戸国際大付は、2人のプロ注目投手がチームを引っ張る。 一人は、東郷太亮。高校2年時の春ですでに143キロの速球を投げていた男は、常時130キロ後半のストレートが投げられるようになったことに加え、キレ味…

甲子園で評価が上がった選手、下がった選手について

今回は甲子園がひと段落したということで、甲子園で評価を上げた選手・下げた選手を挙げていきたいと思います。 まず評価を上げた選手。やはり特筆すべきは作新学院・今井投手 木更津総合・早川投手 花咲徳栄・高橋 履正社 ・寺島投手の4人です。 この3人…

2016年トップクラスのパワーを誇る左の外野手 森山 恵祐  専修大

専大がサヨナラ勝ちで勝ち点1とした。 ドラフト候補の森山恵佑外野手(4年・星稜)が4番の責任を果たした。五回の勝ち越し左前適 時打、九回のサヨナラ中犠飛で2打点。推定135メートル弾を放った2回戦は勝利に結びつかなかっただけに「自分が決めよ…

即戦力のスライダーを持つ左腕 長谷川 宙輝 聖徳学園

プロ11球団のスカウトが熱視線を送る中、直球は142キロをマーク。初回から6者連続三振を奪うなど、実力を存分に見せつけた。 初めて背負ったピンチにも動じなかった。5回、2失策と安打で迎えた1死満塁。マウンド上で一呼吸置くと「スイッチが入りま…