読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

17年高卒トップクラスのパワーを誇る大型ファースト 日大三高校 金成麗生選手 高卒内野手

◆春季高校野球東京都大会 ▽準決勝 日大三9―7帝京(23日・神宮第二) 日大三のプロ注目スラッガー・金成麗生(かなり・れお)一塁手(3年)が23日、春季東京都大会準決勝の帝京戦(神宮第二)で、高校通算23号の先制2ランを含む3安打4打点で、2…

2017年注目の大卒左腕投手ドラフト候補   実績豊富な大型左腕は少ないが、小柄左腕は実績豊富

今回は2017年の大卒ドラフト左腕投手について、注目選手を紹介したいと思います。 17年の代表格の一人が、16年日米大学代表にも選ばれ、出身校からも注目される、東大・宮台康平選手。最速150キロを誇る先発左腕であるが、怪我もちであり連投が出…

打撃評価上昇中の守備型内野手  国学院大 山崎剛  大卒内野手

◆東都大学野球第3週第2日 国学院大6-5日大=延長10回=(19日・神宮) 国学院大は、今秋ドラフト候補の山崎剛二塁手(4年)が5回に一時同点の2号ソロ。延長10回に相手の暴投で勝ち越し点が転がり込み、日大に雪辱した。 山崎がイチ流の一発を…

各ポジションの年齢・成績で見る2017・18年の巨人のドラフト戦略 中継ぎ編

この記事がどのような趣旨のものかについては過去記事をご覧ください okimono.hatenadiary.jp 今回は中継ぎ編。17年を見る限りすでにカツカツな状態ですが、改めて年齢・成績面で見ていきたいと思います

各ポジションの年齢・成績で見る2017・18年の巨人のドラフト戦略 先発投手編

広島3連戦長野全スタメンなのを見て今季はBクラス前提で話を進めていこうと思いました。なーにが新化だよ。継投ガバガバすぎて笑えんわ。GMごとさよならだよ さて、過去に「巨人が獲得するべき2017年ドラフト候補選手について」 という記事を書きました…

14年育成ドラフト1位 篠原選手が支配下決定! 篠原選手以降の支配下候補を振り返る 

巨人の育成右腕・篠原慎平投手(26)が支配下登録されることが16日、決まった。今季イースタンリーグでは開幕から9試合に登板し、0勝0敗1セーブ、防御率0・00。1軍の中継ぎの救世主として期待され 昨季のイースタン公式戦で16登板、2勝0敗1…

最速152キロの速球右腕  鍬原 拓也   中央大    大卒右腕投手

「東都大学野球、中大3-0東洋大」(12日、神宮球場) 今秋ドラフト候補右腕・鍬原拓也投手(4年・北陸)が14三振を奪う力投で今季2度目の完封勝利を挙げた。 MAX151キロを計測した直球に、シンカーもさえて散発の4安打しか許さず。七回無死…

小柄な制球型左腕先発  立命大  東克基選手 大卒左腕投手

「関西学生野球リーグ・第8節3回戦、立命大1-0同大」(23日・わかさスタジアム京都) 立命大が延長十回サヨナラ勝ちで、勝ち点を4に伸ばし、リーグ4連覇は関大とのプレーオフへ持ち越されることになった。原動力となったのは来秋ドラフト候補のMA…

巨人育成選手の特徴と課題  高橋 洸選手  外野手

勝負のプロ6年目のキャンプに突入した。日本文理OBで、育成選手の巨人高橋洸外野手(23)が2日、今キャンプ初めて屋内でフリー打撃を行った。ケージ2カ所に入り、それぞれ約50スイングを振り込んで、打球の感触を確かめた。 「課題は打撃。キャンプ…

 スラッガー高卒代表の一人 履正社 安田 尚憲  高卒内野手

履正社が3年ぶり2度目の決勝進出を果たした。今秋ドラフト1位候補の安田尚憲内野手(3年)は高校通算50号となる甲子園初アーチを放ち、勝利に貢献。豪快な一発で、プロ側の評価もさらに高まった。 ロッテ・林球団本部長は、チームが滞在する博多から日…

2017年選抜高校野球を終えて 明暗の分かれた各ドラフト候補選手を振り返る 野手編

okimono.hatenadiary.jp 前回は投手編を投稿。投手は全体的に明の選手が多かった印象です。それでは野手に行きたいと思います 【評価の上がった選手・左打者編】 特に評価をあげたのは報徳学園・小園海斗選手。1年からショートスタメンを勝ち取った18年の…

2017年選抜高校野球を終えて  明暗の分かれた各ドラフト候補選手を振り返る 投手編

4月1日をもって2017年春の選抜高校野球が終了。大阪桐蔭の優勝で幕を閉じました。 その中で明暗の分かれた各ドラフト選手を振りかえりたいと思います。 まず17年高卒ドラフトの傾向は「投手不作、スラッガー選手豊作」でした。そのため選抜は打高投低となる…

1日選抜を終えて  履正社ー大阪桐蔭の各ドラフト選手を振り返る

ついに選抜高校野球が終了。大阪桐蔭が見事優勝しました、おめでとう大阪。両投手疲れからか甘い球が多くみられましたが、履正社側はその甘い球を仕留め切れていませんでした。一方大阪桐蔭はホームラン攻勢、これまで不振だった1番藤原選手が2HRと大活躍…

柔らかさとストレートが評価される素材右腕  大阪桐蔭  徳山 壮磨  高卒右腕投手

大阪桐蔭の背番号1を背負う徳山壮磨投手(3年)が好救援で逆転勝利を演出した。 この日は、2000年(平12)度生まれの新2年生6人がスタメン出場。1回表に6点を先制したが、先発した横川凱投手(2年)が1アウトをとっただけで3安打5失点と打ち…

30日選抜を終えて  履正社ー報徳学園  大阪桐蔭ー秀岳館の各ドラフト選手を振り返る

選抜振り返るので一杯で巨人記事書く余裕がありません 第一試合【履正社6-4報徳学園】 履正社より竹田投手、安田内野手、若林外野手。竹田投手はスピード以上の重さがあるようで、やはりなかなか打たれません。 安田内野手はホームランも出るなど打撃はスラ…

29日選抜を終えて  履正社ー盛岡大付  福岡大大濠ー報徳学園 秀岳館ー健大高崎  大阪桐蔭ー東海大福岡の各ドラフト選手を振り返る 

4試合全部振り返り必要とかハードっすわ・・・ 第一試合【履正社8-1盛岡大付】 履正社より竹田投手、安田内野手、若林外野手。盛岡大付より植田外野手を振り返りたいと思います 竹田選手は9回92球の見事な省エネ投球。ストレートは130前半とか決し…

28日選抜を終えて  福岡大大濠ー滋賀学園の各ドラフト選手を振り返る

第一試合【福岡大大濠5-3滋賀学園】 福岡大大濠より三浦投手と古賀捕手。三浦投手は中1日こそありましたが2試合で320球。本当に福岡大大濠は他に投手いないだろうか。 まず三浦投手について。180球投げたとは思えないストレートを誇り、スライダ…

フル回転の先発エース  福岡大大濠  三浦 銀二  高卒右腕投手

第89回選抜高等学校野球大会第8日第1試合(福岡大大濠5-3滋賀学園、28日、甲子園)福岡大大濠は26日の試合で15回を完投した三浦が再び投げきり、チームを勝利に導いた。五回までに3点を失ったが、六回以降は得点を許さなかった。「うれしい。…

27日を選抜を終えて  作新学院ー秀岳館  早稲田実業ー東海大福岡  静岡ー大阪桐蔭の各ドラフト選手を振り替える

清宮が出るとスポーツニュースが清宮速報になるのいいかげんやめてくれないだろうか。打席ごとの結果なんていいよ。後でまとめて見るよ。 そんなわけで27日は作新学院より鈴木外野手、秀岳館より田浦・川端投手。早稲田は清宮、野村内野手。静岡から池谷投…

26日選抜を終えて 報徳学園ー前橋育英  福岡大大濠ー滋賀学園 の各ドラフト選手を振り返る

今回振り返る選手は報徳学園より西垣投手、小園内野手。前橋育英より丸山投手。福岡大大濠より三浦投手、古賀捕手。 第一試合【報徳学園4-0前橋育英】 報徳学園先発は西垣投手。緩い縦のスライダーと常時130後半のストレートを武器とする右腕投手です…

25日選抜を終えて  大阪桐蔭ー宇部鴻城 履正社ー呉 盛岡大付ー智弁学園の各ドラフト選手を振り返る

24日金曜日の選抜はまさかの録画失敗。始めの4分で録画が終わってたので振り返りができません・・・野村・西浦見たかった・・・ それでは25日の各ドラフト候補選手を見ていきたいと思います。今回は振り返る選手は大阪桐蔭より山本ダンテ外野手、根尾内…

2017年選抜4日目を終えて  ドラフト候補選手を振り返る(仙台育英・長谷川、西巻 秀岳館・川端 作新学院・鈴木)

第一試合【仙台育英4-6福井工業】 仙台育英は177センチの先発左腕、長谷川拓帆選手と168センチのショート、西巻堅二です。 長谷川選手は制球が売りの先発左腕。球速はストレートが130台ながらも制球を武器にコーナーを突き、変化球で芯をはずす…

2017年選抜高校野球3日目を終えて  ドラフト候補選手を振り返る(三浦・古賀・難波・金久保)

第1試合(福岡大大濠6ー3創志学園) 福岡大代濠のドラフト候補は右腕先発の三浦選手と捕手の古賀選手。 三浦選手は175センチ75キロの先発右腕。試合展開はカーブでカウントを取りつつ、スライダーとストレートで三振を取るといったものでした。ただカーブが…

スライダーを決め球とする左腕ピッチャー  櫻井 周斗 日大三高校  高卒投手

序盤から飛ばした。日大三のエース左腕・桜井は、自慢のスライダーで奪三振を量産した。「チェンジアップでも三振を取れたし、スライダーも通用した。そこは自信を持っていいと思う」。5回に3ランを浴びるなど、2度のマウンドで計8回0/3を8安打9失…

2017年選抜高校野球2日目を終えて  ドラフト候補選手を振り返る(西垣・小園)

それでは選抜2日目を振り返りたいと思います。 第二試合(報徳21ー0多治見) この試合は攻守ともにレベル差がはっきりした試合でした・・・ 報徳の先発は183センチの右腕先発の西垣選手。ストレートは常時130台ながらもインコースとアウトぎりぎり…

2017年選抜1日目を終えて  ドラフト候補選手を振り返る(櫻井・金城・安田・竹田・若林・・山口・福元・松本・太田)

選抜1日目を終えて、ドラフト候補選手についての振り返りをしたいと思います。さすがに全試合振り返るのは労力が大変なので、注目株に絞りたいと思います 第二試合(日大三5ー12履正社)について。 日大三の先発は左腕のドラフト候補の櫻井選手。スライ…

和製バレンティン 慶応大 岩見 雅紀   大卒外野手

東京六大学野球リーグの慶大が5日、横浜市内の同大グラウンドで今年のチーム初練習を行った。今秋ドラフト候補の岩見雅紀外野手(3年・比叡山)は、フリー打撃で鋭い打球を披露。「年末年始も太らないように、動けるように過ごしていた。例年よりいい感じ…

巨人育成選手の特徴と課題  成瀬 功亮選手 右腕投手

巨人の育成・成瀬功亮投手(24)がプロ7年目を迎える来季への覚悟を激白した。力強い直球を武器に10年育成ドラフト6位で入団後、過去6年間で右肩の手術などを経験。思うような結果を残せなかったが、今季は2年ぶりに2軍で登板するなど復調し、来季…

バランスのよいスラッガー捕手  福岡大大濠 古賀 悠斗 高卒捕手

第89回選抜高校野球大会(19日開幕)の甲子園練習が14日、始まった。高校通算44本塁打でプロ注目の福岡大大濠・古賀は、人生初の甲子園に「最高でした。テレビで見ていた憧れの場所」と感激していた。昨秋の明治神宮大会には捕手転向から3カ月で出…

伸びのあるストレートが武器のリリーフ右腕 JX-ENEOS 斎藤 俊介 大卒右腕投手

JABA県大会(県野球協会、毎日新聞横浜・川崎支局)は22日、横浜市保土ケ谷区のサーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝2試合と決勝があった。決勝はJX−ENEOSが東芝に競り勝ち、4年連続17回目の優勝を果たした。 最高殊勲選手賞は、斎藤俊介…

巨人オープン戦前半を振り返る  明暗の分かれた選手について

これまでのオープン戦の内容を見るに、わかってはいたことですが明らかな打力不足が露呈しており、先発も菅野選手がいないとはいえ安心してローテを任せられる若手も新たに台頭できず、早くも暗雲立ち込める状況になっています。 それを踏まえてのドラフト戦…

早くから注目される左スラッガーの一人 龍谷大平安 岡田 悠希  高卒外野手

来年のドラフト上位候補に名前が挙がる龍谷大平安の岡田悠希外野手(2年)が、先制の右前2点打に貴重な追加点となる右越え2ランを放った。2安打4打点の活躍でチームの五回コールド勝ちに貢献したが、原田英彦監督は「まだまだ。全然ダメです」と厳しい…

2017年ドラフト候補注目の大卒外野手 右打ちに素材型スラッガー有り

17年の高卒外野手はスラッガーが目立つ一方で、大卒外野手については俊足巧打の選手が目立ちます。ただスラッガー候補がいないというわけでなく和製バレンティンと称される選手もおり、その中で注目選手を挙げていきたいと思います。 【左打ち選手について…

地方大出身のパワー型右腕投手 仙台大 馬場 皐輔 大卒右腕 

仙台大(仙台六大学)と法大(東京六大学)の練習試合が9日、川崎市の法大グラウンドで行われ、法大が12-6で勝利した。プロ注目の仙台大の最速153キロ右腕・馬場皐輔投手(新4年)は4番手で登板し、1回1/3を無安打1三振無失点に抑えた。一方…

横浜高校の誇る3拍子揃った外野手 高卒外野手 増田 珠  高卒外野手 

今年の高校生ドラフト候補は清宮、安田だけじゃない!右のスラッガーではNo・1と評価される横浜高の増田珠(しゅう)外野手(2年)が4日、神奈川県横浜市の同校グラウンドで始動した。初日からフリー打撃にロングティーと精力的にバットを振り、「最初…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  松澤 裕介 育成ドラフト8位 独立リーグ外野手

【松澤選手の紹介】 181センチ85キロ。左投げ左打ちの外野手であり、フルスイングから繰り出す長打と強肩を武器とするスラッガータイプ。15年に巨人より育成3位指名を受けるも怪我の発覚により入団を辞退。その後手術を受けるも16年の成績は落ち込み、多くの…

150キロを超える目玉左腕の一人 亜細亜大 高橋遥人  大卒左腕投手

今秋ドラフト上位候補の亜大・高橋遥人投手(3年・常葉学園橘)が6日、東京・日の出町の同大グラウンドで始動した。最速151キロ左腕は「勝てる投手になりたい。軸になる投手は(シーズン)5勝しないといけない」と目標を掲げた。 入学後に体重は15キ…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  堀岡 隼人 育成ドラフト7位 高卒投手

宮崎での3軍2次キャンプ3日目。育成7位ルーキー右腕の堀岡はフォーム固めのために、室内練習場で黙々とタオルを振っていた。鏡を見ながらのシャドーピッチング。18歳はプロの世界で活躍する未来を思い描きながら、懸命に汗を流した。 強心臓を武器に勝…

先発・リリーフもこなすフル回転のエース 東京ガス 石田 光宏  社会人右腕投手  

【石田選手の紹介】 181センチ77キロ。近江高→関西大→東京ガス。 高校・大学時代よりドラフト候補とされた右腕投手。しかし高校時代は怪我に泣かされ、大学時代はフル回転で指名候補としての成績を残すも志望届を出さず社会人入りを果たしています。 武…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  高山竜太朗 育成ドラフト6位 大卒捕手

降雪で気温が1度まで冷え込んだG球場。3軍キャンプに参加中の高山竜太郎は、室内練習場で体を火照らせながら、守備練習でゴロ捕球を黙々とこなした。「今、やっているのは下半身の強化。打撃にも守備にも影響するので」。全体練習後に自主トレに励む毎日…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  松原 聖弥 育成ドラフト5位 大卒外野手

午前中のG球場。外野でノックを受ける巨人の育成5位・松原聖弥は、抜群の瞬発力で打球に追いつき、華麗な背走キャッチを披露した。3軍キャンプ2日目。プロとして取り組む日々の練習に「次第に慣れてきています。楽しいですよ」と充実感をにじませる。 5…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  坂本工宜 育成ドラフト4位 大卒投手

20日のドラフト会議で巨人から育成4位で指名を受けた関学大・坂本工宜投手(22)が22日、同校で山下スカウト部長、益田スカウト、渡辺スカウトから指名あいさつを受けた。 準硬式出身の最速148キロ右腕は「これからが勝負だな。1日も早く戦力とし…

どうする巨人の将来のサード問題

現在の巨人の大きな課題の一つが正三塁手問題。現在は村田選手がスタメンをはっており、控えとしてマギー選手。将来的なサード候補として岡本選手、守備固め要因として吉川選手・寺内選手などが起用されています。 しかし村田選手は36歳とすでに選手として…

巨人2017年春季キャンプメンバー発表。内容から今年の方向性を読み解く

一軍キャンプメンバーは、合同自主トレのため1月27日に宮崎入り。合同自主トレは28日から30日まで行われる予定で、2月13日に那覇へ移動し、3月1日まで行う。 ※一軍休養予定日 2月3、8、13、17、23日。 ◆投手(16名) 森福允彦、澤村拓一、菅野智之、スコット…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  山川和大 育成ドラフト3位 独立リーグ投手

巨人の育成ドラフト3位・山川和大(ともひろ)投手(21)=BFL・神戸=が15日、兵庫・芦屋市内のホテルで仮契約を結んだ。支度金300万円、年俸240万円で、背番号は「003」。2つ上の兄・雄大さん(23)はボートレーサーとして先にプロの…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  加藤 脩平 育成ドラフト2位 高卒外野手

巨人の育成ドラフト2位・磐田東高の加藤脩平外野手(17)が17日、浜松市内のホテルで仮契約を交わした。支度金200万、年俸240万円(金額は推定)で、背番号は「002」に決定。「早く支配下登録されて、背番号の0を取りたい」と加藤は決意を新…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  高井俊 育成ドラフト1位 独立リーグ投手

巨人が育成ドラフトで1位指名したBC新潟の最速152キロ右腕・高井俊投手(21)が20日、新潟市内で会見し「日本一のクローザー」を目指すことを目標に掲げた。 大きく上体をひねって速球を繰り出すトルネード投法の右腕は、異色な経歴の持ち主でもあ…

巨人育成選手の特徴と課題  田中 貴也選手 捕手

深海からはい上がる。田中貴は未来の正捕手を狙い「練習量だけは誰にも負けたくないんで」と闘志を燃やす。新たなフォームで挑戦するプロ2年目の背番号005の手は、ボロボロでテーピングだらけだった。 キャンプ3日目。特打ではフルスイングするたびにサ…

なぜ社会人外野手は上位指名されないのか

高卒外野手の上位指名といえば15年楽天ドラフト1位のオコエ選手、14年日本ハム3位の浅間選手、12年2位指名の鈴木選手などがおります。 一方大卒外野手の上位指名といえば16年楽天3位指名の田中和基選手や15年阪神1位指名の高山選手、オリック…

巨人小山選手が楽天にトレードされた別の理由とは

巨人・小山雄輝投手(27)と楽天・柿沢貴裕内野手(22)の交換トレードが4日、成立した。パンチ力のある若い左打者を求める巨人と、投手陣の層を厚くしたい楽天の思惑が一致した。巨人の堤GMは「楽天の星野さん(球団副会長)から夏頃から小山投手を…