読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

巨人育成選手の特徴と課題  成瀬 功亮選手 右腕投手

巨人の育成・成瀬功亮投手(24)がプロ7年目を迎える来季への覚悟を激白した。力強い直球を武器に10年育成ドラフト6位で入団後、過去6年間で右肩の手術などを経験。思うような結果を残せなかったが、今季は2年ぶりに2軍で登板するなど復調し、来季…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  松澤 裕介 育成ドラフト8位 独立リーグ外野手

【松澤選手の紹介】 181センチ85キロ。左投げ左打ちの外野手であり、フルスイングから繰り出す長打と強肩を武器とするスラッガータイプ。15年に巨人より育成3位指名を受けるも怪我の発覚により入団を辞退。その後手術を受けるも16年の成績は落ち込み、多くの…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  堀岡 隼人 育成ドラフト7位 高卒投手

宮崎での3軍2次キャンプ3日目。育成7位ルーキー右腕の堀岡はフォーム固めのために、室内練習場で黙々とタオルを振っていた。鏡を見ながらのシャドーピッチング。18歳はプロの世界で活躍する未来を思い描きながら、懸命に汗を流した。 強心臓を武器に勝…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  高山竜太朗 育成ドラフト6位 大卒捕手

降雪で気温が1度まで冷え込んだG球場。3軍キャンプに参加中の高山竜太郎は、室内練習場で体を火照らせながら、守備練習でゴロ捕球を黙々とこなした。「今、やっているのは下半身の強化。打撃にも守備にも影響するので」。全体練習後に自主トレに励む毎日…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  松原 聖弥 育成ドラフト5位 大卒外野手

午前中のG球場。外野でノックを受ける巨人の育成5位・松原聖弥は、抜群の瞬発力で打球に追いつき、華麗な背走キャッチを披露した。3軍キャンプ2日目。プロとして取り組む日々の練習に「次第に慣れてきています。楽しいですよ」と充実感をにじませる。 5…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  坂本工宜 育成ドラフト4位 大卒投手

20日のドラフト会議で巨人から育成4位で指名を受けた関学大・坂本工宜投手(22)が22日、同校で山下スカウト部長、益田スカウト、渡辺スカウトから指名あいさつを受けた。 準硬式出身の最速148キロ右腕は「これからが勝負だな。1日も早く戦力とし…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  山川和大 育成ドラフト3位 独立リーグ投手

巨人の育成ドラフト3位・山川和大(ともひろ)投手(21)=BFL・神戸=が15日、兵庫・芦屋市内のホテルで仮契約を結んだ。支度金300万円、年俸240万円で、背番号は「003」。2つ上の兄・雄大さん(23)はボートレーサーとして先にプロの…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  加藤 脩平 育成ドラフト2位 高卒外野手

巨人の育成ドラフト2位・磐田東高の加藤脩平外野手(17)が17日、浜松市内のホテルで仮契約を交わした。支度金200万、年俸240万円(金額は推定)で、背番号は「002」に決定。「早く支配下登録されて、背番号の0を取りたい」と加藤は決意を新…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  高井俊 育成ドラフト1位 独立リーグ投手

巨人が育成ドラフトで1位指名したBC新潟の最速152キロ右腕・高井俊投手(21)が20日、新潟市内で会見し「日本一のクローザー」を目指すことを目標に掲げた。 大きく上体をひねって速球を繰り出すトルネード投法の右腕は、異色な経歴の持ち主でもあ…

巨人育成選手の特徴と課題  田中 貴也選手 捕手

深海からはい上がる。田中貴は未来の正捕手を狙い「練習量だけは誰にも負けたくないんで」と闘志を燃やす。新たなフォームで挑戦するプロ2年目の背番号005の手は、ボロボロでテーピングだらけだった。 キャンプ3日目。特打ではフルスイングするたびにサ…

巨人育成選手の特徴と課題  矢島 陽平選手 右腕投手

【矢島選手の特徴】 15年ドラフトで育成7位指名を受けて入団。武蔵HB時代から中継ぎとして登板。独立リーグでは通算防御率2.79、指名年の15年は1.16と結果を残しています。 武器としては制球力と最速147キロのストレートとカットボール・スライダ…

巨人育成選手の特徴と課題  篠原 慎平選手 右腕投手

10~20代中心でスタートした巨人の秋季キャンプには、実に9人の育成選手がメンバー入りしている。1軍レベルの素質を認められた9人はいったい、どんな選手なのか。連載「育成ナイン」で迫る。第1回は篠原慎平投手(26)。クローザーのダークホース…

巨人育成選手の特徴と課題  橋本篤郎選手 左腕投手

昨年12月に発症した左肘痛を抱えたまま入団。木村2軍投手コーチの指示で、1月下旬からの約4か月間はボールを触ることすら許されなかった。投球時に頭が打者方向に突っ込む癖があり、フォームのバランスが悪く左肘に負担がかかっていた。矯正のため毎日…

巨人育成選手の特徴と課題  川相 拓也選手 内野手

【川相選手の特徴】 言わずもがな、かつての巨人のバント職人川相昌弘選手の息子です。入団当時からコネ入団といわれ、もともと育成指名の可能性も低いほど結果を残せていませんでした。 選手としての特徴は守備の上手さ。首都大学リーグ時代にはベストナイ…

読売ジャイアンツ2017年の2軍先発ローテと中継ぎについて

okimono.hatenadiary.jp 前回の記事では1軍の先発・中継ぎについて触れました。今回は2軍・3軍の先発・中継ぎについて触れていきたいと思います。 【2軍先発について】 まず2軍先発についてですが、前回の1軍先発ローテ候補だった高木ー吉川ー今村ー桜井ー杉…

読売ジャイアンツ2017年の1軍先発ローテと中継ぎについて

16年ドラフトが終了し戦力外発表も終了。即戦力投手と素材型投手を中心に指名しました。1軍ローテについては大体予想はつきますが、2・3軍ローテについて触れる記事というのは少ないと思います。しかし巨人の若返りのためにどの選手をどのポジションで…

巨人育成選手の特徴と課題   増田 大輝選手 内野手

【増田選手の特徴】 15年に育成ドラフト一位で徳島インディゴソックスから入団。172センチと小柄ながらも高い守備力と、独立リーグ時代の2年間で143試合29盗塁の走塁技術が売りの選手でした。また14年の成績では234打席38死四球と選球眼も…

巨人育成選手の特徴と課題   青山 誠選手  外野手

世間では大田・公文⇔吉川・石川選手のトレードが発表されましたが、その内容については他の記事やブログでたくさん語られていると思うので、ここでは巨人の育成選手について語りたいと思います 前々から記事製作のために巨人選手のデータを集めていたときに…

巨人秋季キャンプメンバー発表。メンバーから見る首脳陣の思惑

巨人は1日、5日から始まる秋季宮崎キャンプに参加する28選手を発表した。メンバーは以下の通り。 【投手】 杉内俊哉、桜井俊貴、宮国椋丞、与那原大剛、戸根千明、公文克彦、乾真大、中川皓太、長谷川潤、篠原慎平、橋本篤郎、ソリマン、アダメス 【捕手…

2016年ドラフトを踏まえて巨人の支配下候補の選手は?

2016年ドラフトを踏まえ、気になるのはFA補強、そして春の育成支配下です。 FA補強はセンター兼1番を任せられる大島選手が最有力といわれています。Cランクの左中継ぎの森福選手も候補ですが、SBから出るかといわれると怪しいところがあります。…

2016年巨人育成ドラフトを振り返る。やはり投手・外野手中心の補強に

okimono.hatenadiary.jp さて、それでは育成を振り返りたいと思います。まずは一位の高井選手。 巨人が育成ドラフトで1位指名したBC新潟の最速152キロ右腕・高井俊投手(21)が新潟市内で会見し「日本一のクローザー」を目標に掲げた。 トルネード右…