読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

投手

育成選手支配下期限が7月末に迫る。残る巨人の支配下候補選手は?

◆イースタン・リーグ 巨人4―8西武(22日・ジャイアンツ) 巨人・鹿取義隆GM(60)が22日、G球場を訪れ、イースタン・西武戦を視察。育成選手の支配下登録期限が7月末と残り1週間程度と迫る中、同戦で成瀬、青山ら育成選手がアピールした。 育成…

巨人育成選手の特徴と課題 大竹 秀義選手 右腕投手

【大竹選手の紹介】 180センチ85キロ 右投げ右打ち 1988年生まれで今期で29歳になるオールドルーキー。 大竹選手の武器はアメリカ時代に獲得したカットボールと最速151キロの直球。 大学進学するも中退、その後独立リーグに移り、富山や信濃で…

最速152キロの素材評価トップ右腕 熊本工  山口 翔選手 高卒右腕

4年ぶりの甲子園出場を目指す熊本工は、城北との接戦を制し、3―1で勝利した。 ネット裏にセ・パ7球団のスカウトが陣取る中、プロ注目の最速151キロ右腕・山口翔(3年)が先発し、9回を147球、4安打7奪三振の1失点で完投した。9四死球と制球…

第1回2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成5位~6位】

okimono.hatenadiary.jp 情報なさ過ぎて頭痛い 【育成5位指名候補①】国学院大 小又 圭甫選手 大卒右腕投手 トミージョン手術の影響で4年生まで実戦登板がほとんどなかった選手となり、現状では支配下の可能性が低い選手となります。復帰登板で最速151キ…

2017年注目の高卒右腕投手ドラフト候補 ドラフトの手腕が試される素材型だらけの年

【17年の高卒右腕は技術が追いついていない選手が多い?】 去年の16年の高卒右腕は横浜・藤平選手を筆頭に東海・島孝明選手や創志・高田選手など豊作年とされました。 一方で17年は全体的に注目株が少なくドラ1候補が不在。また素材としての評価はれ…

東大からのプロ入り候補  東京大学 宮台 康平選手  大卒左腕投手

<東京6大学野球:法大4-0東大>◇第7週第2日◇21日◇神宮 東大が法大に完封負けし、10連敗で全日程を終えた。 ドラフト候補左腕の東大・宮台康平投手(4年=湘南)が連投し5回途中から登板。ピンチを脱したものの、3回2/3を3四球2安打2失点…

第1回2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成1位~4位】

現在の情報で育成指名予想は無謀じゃないかと今になって思い始めてます。 【育成1位候補①】星槎道都大 藤塚 卓志選手 大卒右腕投手 最速149キロとスライダーが武器の実績の少ないパワー型投手。巨人スカウトも体の厚さと馬力・球速を評価されています。…

第1回2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想【4位~8位】

全ポジション補強対象で頭が痛いドラフト予想後半戦、始まります okimono.hatenadiary.jp 【4位指名予想①】東北福祉大 楠本 泰史選手 左打ち内野手 今期の大学野手の中で高い打撃能力が評価される内野手。スラッガーというわけではありませんが、通算打率3…

第1回2017年読売ジャイアンツドラフト指名予想 【1~3位】

Bクラスどこか最下位も見えてきたなこれ。悟り開けそう さて、今回は第1回ジャイアンツドラフト指名予想をやっていきたいと思います。 まず指名数についてですが、今期の支配下戦力外・自由契約(育成契約落ち)は引退も含め7~9人程度と考えています。…

スライダーが武器の完投型投手 日立製作所 鈴木 康平  大卒社会人右腕投手

日立製作所は3日、都市対抗野球(7月14日開幕、東京ドーム)の北関東代表決定リーグで、新日鉄住金鹿島を6-2で下し、3年連続36度目の出場に王手。最速151キロのドラフト候補、鈴木は8回2失点と好投し「変化球でカウントがとれた」。プロ9球…

本格派大卒右腕  九州産業大  草場亮太  大卒右腕投手

日本ハムが今秋ドラフトに向け、九産大の最速152キロ右腕・草場亮太投手(4年)を上位指名候補としていることが15日、分かった。プロ志望届を提出した場合に1位指名の最有力候補となる早実・清宮幸太郎内野手(3年)と並んで、大学No・1投手をマ…

東京六大学野球 2017年春季リーグ戦を終えて 17・18・19年各ドラフト候補選手を振り返る

毎年多くのドラフト指名選手を輩出する東京6大学。そのためリーグ対戦の結果はその年のドラフト戦略を考える上で重要な要素となります。そのためこの記事では各大学ごとのドラフト候補選手の春季リーグの結果について振り返りたいと思います。振り返る選手…

15年ドラフト最下位指名選手、長谷川潤選手の現状と1軍への課題

2015年ドラフト全116名中116番目指名、つまり育成も含めた最終指名選手が長谷川潤選手(=石川ミリオンスターズ所属)です。 186センチ82キロサイドスロー右腕。130前半ながら制球のあるストレートと2種のスライダー・スローカーブをメイ…

リリーフ適正の高い152キロ右腕 法政大 熊谷 拓也 大卒右腕投手

法大が長谷川裕也投手の力投で今季初勝利をあげた。法大は2回、2死から下位打線が3連打して先制。7回に追いつかれたが、8回に代打・福田光輝の二塁打から1死三塁とし、明大・斉藤大将(ひろまさ)の暴投で決勝点を挙げた。 法大は8回から熊谷拓也投手…

貴重な左腕サイドスロー  明治大 齋藤 大将   大卒左腕投手

「東京六大学野球、明大6-2東大」(8日、神宮球場) 春季リーグ戦が開幕し、3季連続優勝を狙う明大が快勝。今秋ドラフト候補左腕の明大・斉藤大将投手(4年・桐蔭学園)が初の開幕投手で勝利をつかんだ。 140キロ台の直球で押し五回まで無安打投球…

巨人ファンが考える巨人若手選手低迷の4つの原因と4つの再建策

多くの巨人ファンが感じていること、それは現在の巨人というチームが限界を迎えていることです。 なかなか出てこない若手野手、戦力にならないFA選手、1軍選手層全体の高齢化など、抱えている問題は数多く存在します。 残念ながらこれだけ多くの問題を抱…

パワー型先発左腕  川端 健斗選手  秀岳館   高卒左腕投手

<高校野球春季九州大会:秀岳館7-0西日本短大付>◇24日◇2回戦◇沖縄セルラースタジアム那覇 公式戦で初めて背番号1を付けた秀岳館の川端健斗投手(3年)は「それなりの自覚を持って投げきろう」と13奪三振で初完封し8強入りに貢献した。 7安打6…

2017年注目の大卒左腕投手ドラフト候補   実績豊富な大型左腕は少ないが、小柄左腕は実績豊富

今回は2017年の大卒ドラフト左腕投手について、注目選手を紹介したいと思います。 17年の代表格の一人が、16年日米大学代表にも選ばれ、出身校からも注目される、東大・宮台康平選手。最速150キロを誇る先発左腕であるが、怪我もちであり連投が出…

各ポジションの年齢・成績で見る2017・18年の巨人のドラフト戦略 中継ぎ編

この記事がどのような趣旨のものかについては過去記事をご覧ください okimono.hatenadiary.jp 今回は中継ぎ編。17年を見る限りすでにカツカツな状態ですが、改めて年齢・成績面で見ていきたいと思います

各ポジションの年齢・成績で見る2017・18年の巨人のドラフト戦略 先発投手編

広島3連戦長野全スタメンなのを見て今季はBクラス前提で話を進めていこうと思いました。なーにが新化だよ。継投ガバガバすぎて笑えんわ。GMごとさよならだよ さて、過去に「巨人が獲得するべき2017年ドラフト候補選手について」 という記事を書きました…

14年育成ドラフト1位 篠原選手が支配下決定! 篠原選手以降の支配下候補を振り返る 

巨人の育成右腕・篠原慎平投手(26)が支配下登録されることが16日、決まった。今季イースタンリーグでは開幕から9試合に登板し、0勝0敗1セーブ、防御率0・00。1軍の中継ぎの救世主として期待され 昨季のイースタン公式戦で16登板、2勝0敗1…

最速152キロの速球右腕  鍬原 拓也   中央大    大卒右腕投手

「東都大学野球、中大3-0東洋大」(12日、神宮球場) 今秋ドラフト候補右腕・鍬原拓也投手(4年・北陸)が14三振を奪う力投で今季2度目の完封勝利を挙げた。 MAX151キロを計測した直球に、シンカーもさえて散発の4安打しか許さず。七回無死…

小柄な制球型左腕先発  立命大  東克基選手 大卒左腕投手

「関西学生野球リーグ・第8節3回戦、立命大1-0同大」(23日・わかさスタジアム京都) 立命大が延長十回サヨナラ勝ちで、勝ち点を4に伸ばし、リーグ4連覇は関大とのプレーオフへ持ち越されることになった。原動力となったのは来秋ドラフト候補のMA…

2017年選抜高校野球を終えて  明暗の分かれた各ドラフト候補選手を振り返る 投手編

4月1日をもって2017年春の選抜高校野球が終了。大阪桐蔭の優勝で幕を閉じました。 その中で明暗の分かれた各ドラフト選手を振りかえりたいと思います。 まず17年高卒ドラフトの傾向は「投手不作、スラッガー選手豊作」でした。そのため選抜は打高投低となる…

1日選抜を終えて  履正社ー大阪桐蔭の各ドラフト選手を振り返る

ついに選抜高校野球が終了。大阪桐蔭が見事優勝しました、おめでとう大阪。両投手疲れからか甘い球が多くみられましたが、履正社側はその甘い球を仕留め切れていませんでした。一方大阪桐蔭はホームラン攻勢、これまで不振だった1番藤原選手が2HRと大活躍…

柔らかさとストレートが評価される素材右腕  大阪桐蔭  徳山 壮磨  高卒右腕投手

大阪桐蔭の背番号1を背負う徳山壮磨投手(3年)が好救援で逆転勝利を演出した。 この日は、2000年(平12)度生まれの新2年生6人がスタメン出場。1回表に6点を先制したが、先発した横川凱投手(2年)が1アウトをとっただけで3安打5失点と打ち…

30日選抜を終えて  履正社ー報徳学園  大阪桐蔭ー秀岳館の各ドラフト選手を振り返る

選抜振り返るので一杯で巨人記事書く余裕がありません 第一試合【履正社6-4報徳学園】 履正社より竹田投手、安田内野手、若林外野手。竹田投手はスピード以上の重さがあるようで、やはりなかなか打たれません。 安田内野手はホームランも出るなど打撃はスラ…

29日選抜を終えて  履正社ー盛岡大付  福岡大大濠ー報徳学園 秀岳館ー健大高崎  大阪桐蔭ー東海大福岡の各ドラフト選手を振り返る 

4試合全部振り返り必要とかハードっすわ・・・ 第一試合【履正社8-1盛岡大付】 履正社より竹田投手、安田内野手、若林外野手。盛岡大付より植田外野手を振り返りたいと思います 竹田選手は9回92球の見事な省エネ投球。ストレートは130前半とか決し…

28日選抜を終えて  福岡大大濠ー滋賀学園の各ドラフト選手を振り返る

第一試合【福岡大大濠5-3滋賀学園】 福岡大大濠より三浦投手と古賀捕手。三浦投手は中1日こそありましたが2試合で320球。本当に福岡大大濠は他に投手いないだろうか。 まず三浦投手について。180球投げたとは思えないストレートを誇り、スライダ…

フル回転の先発エース  福岡大大濠  三浦 銀二  高卒右腕投手

第89回選抜高等学校野球大会第8日第1試合(福岡大大濠5-3滋賀学園、28日、甲子園)福岡大大濠は26日の試合で15回を完投した三浦が再び投げきり、チームを勝利に導いた。五回までに3点を失ったが、六回以降は得点を許さなかった。「うれしい。…

27日を選抜を終えて  作新学院ー秀岳館  早稲田実業ー東海大福岡  静岡ー大阪桐蔭の各ドラフト選手を振り替える

清宮が出るとスポーツニュースが清宮速報になるのいいかげんやめてくれないだろうか。打席ごとの結果なんていいよ。後でまとめて見るよ。 そんなわけで27日は作新学院より鈴木外野手、秀岳館より田浦・川端投手。早稲田は清宮、野村内野手。静岡から池谷投…

26日選抜を終えて 報徳学園ー前橋育英  福岡大大濠ー滋賀学園 の各ドラフト選手を振り返る

今回振り返る選手は報徳学園より西垣投手、小園内野手。前橋育英より丸山投手。福岡大大濠より三浦投手、古賀捕手。 第一試合【報徳学園4-0前橋育英】 報徳学園先発は西垣投手。緩い縦のスライダーと常時130後半のストレートを武器とする右腕投手です…

25日選抜を終えて  大阪桐蔭ー宇部鴻城 履正社ー呉 盛岡大付ー智弁学園の各ドラフト選手を振り返る

24日金曜日の選抜はまさかの録画失敗。始めの4分で録画が終わってたので振り返りができません・・・野村・西浦見たかった・・・ それでは25日の各ドラフト候補選手を見ていきたいと思います。今回は振り返る選手は大阪桐蔭より山本ダンテ外野手、根尾内…

2017年選抜4日目を終えて  ドラフト候補選手を振り返る(仙台育英・長谷川、西巻 秀岳館・川端 作新学院・鈴木)

第一試合【仙台育英4-6福井工業】 仙台育英は177センチの先発左腕、長谷川拓帆選手と168センチのショート、西巻堅二です。 長谷川選手は制球が売りの先発左腕。球速はストレートが130台ながらも制球を武器にコーナーを突き、変化球で芯をはずす…

2017年選抜高校野球3日目を終えて  ドラフト候補選手を振り返る(三浦・古賀・難波・金久保)

第1試合(福岡大大濠6ー3創志学園) 福岡大代濠のドラフト候補は右腕先発の三浦選手と捕手の古賀選手。 三浦選手は175センチ75キロの先発右腕。試合展開はカーブでカウントを取りつつ、スライダーとストレートで三振を取るといったものでした。ただカーブが…

スライダーを決め球とする左腕ピッチャー  櫻井 周斗 日大三高校  高卒投手

序盤から飛ばした。日大三のエース左腕・桜井は、自慢のスライダーで奪三振を量産した。「チェンジアップでも三振を取れたし、スライダーも通用した。そこは自信を持っていいと思う」。5回に3ランを浴びるなど、2度のマウンドで計8回0/3を8安打9失…

2017年選抜高校野球2日目を終えて  ドラフト候補選手を振り返る(西垣・小園)

それでは選抜2日目を振り返りたいと思います。 第二試合(報徳21ー0多治見) この試合は攻守ともにレベル差がはっきりした試合でした・・・ 報徳の先発は183センチの右腕先発の西垣選手。ストレートは常時130台ながらもインコースとアウトぎりぎり…

2017年選抜1日目を終えて  ドラフト候補選手を振り返る(櫻井・金城・安田・竹田・若林・・山口・福元・松本・太田)

選抜1日目を終えて、ドラフト候補選手についての振り返りをしたいと思います。さすがに全試合振り返るのは労力が大変なので、注目株に絞りたいと思います 第二試合(日大三5ー12履正社)について。 日大三の先発は左腕のドラフト候補の櫻井選手。スライ…

巨人育成選手の特徴と課題  成瀬 功亮選手 右腕投手

巨人の育成・成瀬功亮投手(24)がプロ7年目を迎える来季への覚悟を激白した。力強い直球を武器に10年育成ドラフト6位で入団後、過去6年間で右肩の手術などを経験。思うような結果を残せなかったが、今季は2年ぶりに2軍で登板するなど復調し、来季…

伸びのあるストレートが武器のリリーフ右腕 JX-ENEOS 斎藤 俊介 大卒右腕投手

JABA県大会(県野球協会、毎日新聞横浜・川崎支局)は22日、横浜市保土ケ谷区のサーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝2試合と決勝があった。決勝はJX−ENEOSが東芝に競り勝ち、4年連続17回目の優勝を果たした。 最高殊勲選手賞は、斎藤俊介…

外国人リリーフ顔負けのパワーを持つ高卒社会人 ヤマハ 鈴木 博志  高卒社会人投手

◆社会人野球オープン戦 ヤマハ4―2JR東日本(26日・静岡県営草薙球場) 昨秋の社会人野球日本選手権で優勝したヤマハが、今季初のオープン戦を行った。MAX154キロを誇り、今秋のドラフト上位候補に挙げられる大型右腕・鈴木博志(19、磐田東高…

巨人オープン戦前半を振り返る  明暗の分かれた選手について

これまでのオープン戦の内容を見るに、わかってはいたことですが明らかな打力不足が露呈しており、先発も菅野選手がいないとはいえ安心してローテを任せられる若手も新たに台頭できず、早くも暗雲立ち込める状況になっています。 それを踏まえてのドラフト戦…

地方大出身のパワー型右腕投手 仙台大 馬場 皐輔 大卒右腕 

仙台大(仙台六大学)と法大(東京六大学)の練習試合が9日、川崎市の法大グラウンドで行われ、法大が12-6で勝利した。プロ注目の仙台大の最速153キロ右腕・馬場皐輔投手(新4年)は4番手で登板し、1回1/3を無安打1三振無失点に抑えた。一方…

150キロを超える目玉左腕の一人 亜細亜大 高橋遥人  大卒左腕投手

今秋ドラフト上位候補の亜大・高橋遥人投手(3年・常葉学園橘)が6日、東京・日の出町の同大グラウンドで始動した。最速151キロ左腕は「勝てる投手になりたい。軸になる投手は(シーズン)5勝しないといけない」と目標を掲げた。 入学後に体重は15キ…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  堀岡 隼人 育成ドラフト7位 高卒投手

宮崎での3軍2次キャンプ3日目。育成7位ルーキー右腕の堀岡はフォーム固めのために、室内練習場で黙々とタオルを振っていた。鏡を見ながらのシャドーピッチング。18歳はプロの世界で活躍する未来を思い描きながら、懸命に汗を流した。 強心臓を武器に勝…

先発・リリーフもこなすフル回転のエース 東京ガス 石田 光宏  社会人右腕投手  

【石田選手の紹介】 181センチ77キロ。近江高→関西大→東京ガス。 高校・大学時代よりドラフト候補とされた右腕投手。しかし高校時代は怪我に泣かされ、大学時代はフル回転で指名候補としての成績を残すも志望届を出さず社会人入りを果たしています。 武…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  坂本工宜 育成ドラフト4位 大卒投手

20日のドラフト会議で巨人から育成4位で指名を受けた関学大・坂本工宜投手(22)が22日、同校で山下スカウト部長、益田スカウト、渡辺スカウトから指名あいさつを受けた。 準硬式出身の最速148キロ右腕は「これからが勝負だな。1日も早く戦力とし…

巨人2017年春季キャンプメンバー発表。内容から今年の方向性を読み解く

一軍キャンプメンバーは、合同自主トレのため1月27日に宮崎入り。合同自主トレは28日から30日まで行われる予定で、2月13日に那覇へ移動し、3月1日まで行う。 ※一軍休養予定日 2月3、8、13、17、23日。 ◆投手(16名) 森福允彦、澤村拓一、菅野智之、スコット…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  山川和大 育成ドラフト3位 独立リーグ投手

巨人の育成ドラフト3位・山川和大(ともひろ)投手(21)=BFL・神戸=が15日、兵庫・芦屋市内のホテルで仮契約を結んだ。支度金300万円、年俸240万円で、背番号は「003」。2つ上の兄・雄大さん(23)はボートレーサーとして先にプロの…

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  高井俊 育成ドラフト1位 独立リーグ投手

巨人が育成ドラフトで1位指名したBC新潟の最速152キロ右腕・高井俊投手(21)が20日、新潟市内で会見し「日本一のクローザー」を目指すことを目標に掲げた。 大きく上体をひねって速球を繰り出すトルネード投法の右腕は、異色な経歴の持ち主でもあ…