読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

ポテンシャルを秘めた150キロ右腕。畠世周選手

近大が立命大を4―1で下し、1勝1敗1分けとした。近大のドラフト上 位候補右腕・畠世周(4年)は6安打1失点、9奪三振で完投。9試合目の登板で今季初勝利を挙げた。 昨秋のリーグ戦で6勝を挙げた近大の MAX150キロエース・畠がようやく1勝を…

明治大の150キロリリーフ 星知弥選手

明大が延長十一回サヨナラ勝ちした。今秋ドラフト候補右腕の星知弥投手(4年・宇都宮工)が、リーグ戦初勝利を挙げた。 延長十回からリリーフ登板すると、150キロ台を連発した直球を武器に2回無安打無失点、3奪三振。リズムをつくると、2-2で迎えた…

パワーとスタミナを備えた完投型ピッチャー 堀田晃 

今秋ドラフト候補に挙がる大院大の最速149キロ右腕・堀田晃投手(4年)が被安打7の11奪三振無四球で京産大を2失点に封じ、今春初の勝ち点を呼び込 んだ。144キロを計測した直球に鋭いスライダーを織り交ぜ、今春2勝目。完封目前の9回に3連打な…

第一回2016年読売ジャイアンツのドラフト指名予想  育成指名編

さて、今回は育成指名で取るべき選手を予想。ちなみに育成指名に関してはコメントや視察情報が出ていない選手についても候補に加えます。 まず育成で取られる選手とはどのような選手か。大きく分けて2種類に分けられます ①即戦力とは程遠いが、身長195セ…

地方から現れた大卒左腕の星  笠原祥太郎選手

笠原の名前は、じわじわと中央球界に知れ渡っている。今春、ようやく全学年がそろったばかりの創部4年目、新潟医療福祉大と練習試合などで対戦した関東の強豪大学監督は、最速147キロ左腕を「今年のNo・1左腕」と口をそろえた。 新潟医療福祉大は関甲…

通算1勝 超ノーコン剛速球投手 中塚駿太選手

この春、全国的な知名度はまだ低いものの、ワクワクする剛腕の投球を初めて見た。白鴎大・中塚駿太投手(4年・つくば秀英)。多くの球団のスカウトが熱視線を送る右腕だ。 3年生だった昨秋の段階で最速153キロを誇っていたが、ひと冬を超えてさらに成長…