読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

第3回【最終】2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【1~3位】

okimono.hatenadiary.jp 6日にプロ志望が締め切られ高校生・大学生のプロ志望一覧が更新されました。とうとうドラフト会議も今月となり、ここでも最終ドラフト予想を行いたいと思います。ルールは前回のラストでも述べていたとおり 1.対象はプロ志望を出…

2016年ドラフト候補から見る巨人の補強ポイント 投手編

okimono.hatenadiary.jp 前回の記事では2016年の豊作・不作ポジションを振りかえりました。豊作は高卒投手、ショート、即戦力右腕。不作は即戦力左腕、外野手でした。 次に現状の巨人の補強ポイントです。まず巨人の先発ローテについてですが 菅野(右腕)(…

10月6日プロ志望届締め切り。改めて今年のドラフトの豊作・不作ポジションを振り返る

日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は6日、プロ入りを希望する選手に提出を義務づけた「プロ野球志望届」の受け付けを締め切った。同日午後5時時点で届けのあった高校生105人、大学生111人の216人が、20日にあるプロ野球の新人選手選択(ド…

今夏から秋に急速に評価をあげている 大卒左腕  名古屋経済大 中尾 輝

146キロ、制球も威力も十分 愛知大学野球2部リーグは10日、愛知県豊田市の愛工大グラウンドなどで2回戦6試合が行われた。名経大は愛工大に1-3で敗れたが、プロ注目の148キロ左腕・中尾輝投手が8球団11人のスカウトの前で11奪三振と好投し…

故障に悩むドラ1候補  九州産業大 高良 一輝選手 投手

3月16日に行われた福岡ソフトバンク2軍とのプロ・アマ交流戦で、九州産業大のドラフト候補右腕・高良一輝が圧巻の投球を見せた。テークバックがコンパクトなフォームから、キレの良いストレートやタテに割れるスライダーを駆使し、5回打者15人をパー…

素材型先発社会人 東芝 谷岡 竜平

第42回日本選手権関東最終予選(19日、東芝5-2JR東日本、大田スタジアム)最速150キロのドラフト候補右腕、東芝・谷岡が社会人野球日本選手権関東代表決定戦1回戦・JR東日本戦で7安打2失点で完投し、5-2の勝利にチームを導いた。この日…

2017年のドラフト候補の傾向について

今年のドラフトを考える上で重要になってくるのは2017年のドラフト候補の選手層。どのポジションが豊富か、一方でどこが不作かで今年のドラフト戦略が変わってきます。 そんな2017年のドラフト傾向ですが、2016年とは対称的になっています。それは「左腕即戦…

第2回2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【育成指名】

okimono.hatenadiary.jp okimono.hatenadiary.jp 前回は支配下指名候補を1~8位まで挙げました。今回は育成指名候補を挙げたいと思います。2016年の育成指名については2・3軍のメンバー整備のために5~7人の指名が予想されます。そのため育成指名…

第2回2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【4~8位】

okimono.hatenadiary.jp 前回の記事では1~3位までを予想。今回は4~8位を予想したいと思います。うーん、4~6位、7~8位で分けたがよかっただろうか。 【4位指名予想①】才木 浩人選手 須磨翔風高校 投手 前回と変わらず4位指名候補としてあがった…

強打俊足の投手兼外野手  加藤脩平選手  盤田東高校

磐田東高の加藤脩平投手兼外野手が13日、県高野連を通じて日本高野連にプロ志望届を提出した。 加藤は広角に長打を放つ強肩強打の外野手として高く評価され、高校通算28本塁打。投手としても今夏、最速143キロを記録した。50メートル6秒0の 俊足…

第2回2016年読売ジャイアンツドラフト指名予想【1~3位まで】

okimono.hatenadiary.jp 第1回指名予想以降、甲子園、U-18,そしてプロ志望届表明と様々なイベントがあり、選手の評価も大きく変わりました。一方で大学進学・社会人野球へ進む選手も現れれています。そこで今回は第2回2016年巨人指名予想をしていきたい…

ストレートで甲子園を沸かせた男 高田 萌生選手 創志学園

最速154キロを誇る今秋ドラフト候補右腕の創志学園・高田が“速すぎる”夏の終わりを告げた。公式戦では「初めて」という2被弾を含む11安打を浴び自 己ワースト10失点。5回2/3で降板し、今大会最速となる152キロを2度計測したが「負けたら意味…

総合力に優れた即戦力先発  柳 裕也選手  明治大学

明大の今秋ドラフト1位候補右腕・柳裕也(4年)=同右=は9日、同校OBの川上憲伸(元中日)が持つ歴代13位のリーグ通算311奪三振超えを目標に、大学ラストシーズンの完全燃焼を宣言した。 新たな目標に、柳が意欲をみなぎらせた。同校OBで歴代1…

最速155キロの大卒ドラ1候補の一人  生田目 翼投手  流通経済大

ドラフトに間に合った! 東京新大学リーグ、流通経大の最速155キロ右腕、生田目(なばため)翼投手(4年)が2日、茨城・牛久市の同大グラウンドで行 われた金沢学院大との練習試合で、昨年10月3日以来となる実戦登板を果たした。右肩痛に苦しんでき…

将来性と素材を高評価される大卒右腕 小野 泰己選手 富士大

富士大のドラフト上位候補右腕・小野泰己投手(4年・折尾愛真)は、六回途中2失点。最速150キロを計測し、尻上がりに調子を上げて先発の責任を果たした。 立ち上がりはボールが抜け、2四球でピンチを招くと、浮いたフォークを痛打されて2点を失った。…

即戦力サイドスロー 水野 滉也 東海大北海道

<札幌6大学野球:東海大北海道2-0北海学園大>◇第1節第3日◇28日◇札幌円山 東海大北海道のプロ注目サイド右腕、水野滉也(4年=札幌日大)が北海学園大相手に無安打無得点を達成した。 5回まで完全試合ペース。6回以降は5四死球と制球を乱しなが…

小柄ながらも最速152キロの直球を誇る即戦力社会人中継ぎ 森脇 亮介選手 セガサミー

1回戦で先発したセガサミーの森脇が志願の登板。「力が入りすぎた」という前回NTT東日本戦は四回途中5失点で降板した。その反省を踏まえ、「フォーム と心のバランスを意識した」と六回を2三振を含む3者凡退に抑えた。日大出の2年目右腕。「点を取ら…

地方予選で消えた原石の一人 東郷太亮選手  神戸国際大付属高校

兵庫のトレンドは“2枚看板” 優勝候補筆頭に挙げた神戸国際大付は、2人のプロ注目投手がチームを引っ張る。 一人は、東郷太亮。高校2年時の春ですでに143キロの速球を投げていた男は、常時130キロ後半のストレートが投げられるようになったことに加え、キレ味…

甲子園で評価が上がった選手、下がった選手について

今回は甲子園がひと段落したということで、甲子園で評価を上げた選手・下げた選手を挙げていきたいと思います。 まず評価を上げた選手。やはり特筆すべきは作新学院・今井投手 木更津総合・早川投手 花咲徳栄・高橋 履正社 ・寺島投手の4人です。 この3人…

即戦力のスライダーを持つ左腕 長谷川 宙輝 聖徳学園

プロ11球団のスカウトが熱視線を送る中、直球は142キロをマーク。初回から6者連続三振を奪うなど、実力を存分に見せつけた。 初めて背負ったピンチにも動じなかった。5回、2失策と安打で迎えた1死満塁。マウンド上で一呼吸置くと「スイッチが入りま…

素材型社会人左腕 土肥星也選手  大阪ガス

今秋ドラフト候補の大阪ガス・土肥星也投手(20)が、新日鉄住金かずさマジック戦に先発。チームは敗れたものの、6回を4安打1失点に抑えた。 立ち上がりから最速144キロを計測した直球を主体にストライクを先行させ、無四球で6三振を奪った左腕。「…

チェンジアップを武器とする素材型左腕。鈴木 拓人選手  聖光学院

聖光学院が光南を6-5で振り切り、自ら打ち立てた戦後最長記録を更新して、10年連続13度目の夏の甲子園出場を決めた。2点リードされた直後の8回裏 に同点に追いつき、2死一、二塁から2番磯辺伶也内野手(3年)が勝ち越し右越え二塁打を放った。投…

制球に優れた左腕 早川 隆久選手 木更津総合

木更津総合(千葉)早川隆久投手(3年)が2試合連続完封で初の8強に導いた。3回まで4三振を奪うパーフェクト投球。4回先頭の杉村に初安打を許したが 併殺で切り抜け、中盤以降はゴロの山を築いて3安打99球で完封した。早川は「ほっとしました。打た…

制球の課題ありの180センチ右腕 赤羽 陸 市和歌山高校

市和歌山バッテリーにとっては痛恨の6回だった。 この回から登板のエース赤羽が2死満塁のピンチを招き、日南学園の芳賀がスイングした 際に捕手・岡本のミットが当たって打撃妨害に。さらに押し出し四球で2点を勝ち越された。岡本は「気持ちが高ぶって(…

二刀流ドラフト1位候補  東邦 藤嶋 健人選手

東邦(愛知)は藤嶋健人投手(3年)がサイクル安打越えの大活躍で、北陸(福井)を圧倒した。 慣れ親しんだ庭を、笑顔で暴れ回っ た。六回2死二塁。藤嶋の打球が中堅左で弾んだ。単打ならサイクル安打という場面で放ったのは適時二塁打。「『狙え』と言わ…

多くの変化球を使い分ける左腕。 常総学院 鈴木昭汰選手

2度の全国制覇を誇る常総学院が、投手戦を制して春夏連続の甲子園出場を決めた。 二回2死二塁から、有村恒汰内野手(3年)の右翼線適時二塁打で先制。この1点を、今秋ドラフト候補左腕・鈴木昭汰投手(3年)が6安打無四球完封、11奪三振の快投で守り…

トップクラスのストレートを持つ高校生 作新学院 今井達也選手

作新学院(栃木)のドラフト候補右腕・今井達也投手(3年)が、球場の球速表示では今大会の投手で初めて150キロの大台を突破した。 2-0とリードして迎えた二回1死一、三塁の場面で、7番・渡辺を2ストライクと追い込むと、自己最速を1キロ上回る1…

スタミナ、修正力、スピードを持つ将来性豊かな左腕 広島新庄 堀 瑞輝

「巨人・田口2世」の異名をとるドラフト候補左腕・堀瑞輝(3年)の力投で、広島新庄が2年連続で初戦を突破。延長12回を177球で1失点完投し、田口先輩からのエールに応えた。 1 失点した初回から制球に苦しんだが、尻上がりに調子を上げた。プレー…

2016年社会人ドラフト筆頭 東京ガス 山岡泰輔選手

1回戦3試合が行われ、今秋ドラフト候補の東京ガス(東京都)・山岡泰輔投手(20)が、無四球で3安打完封。わずか95球でNTT西日本打線を料理して 初戦を突破した。また、トヨタ自動車(豊田市)の佐竹功年投手(32)は、大会史上7人目となる毎回…

制球力が武器の即戦力左腕  桐蔭横浜大 高橋 拓巳選手

全日本大学選手権第2日(7日、桐蔭横浜大2-3中京学院大、神宮)プロ注目の左腕、高橋拓は七回途中9安打3失点でKOされ、初戦で散った。「全国のレ ベルの違いを痛感した。納得の球を打たれた。特にキーマンの吉川に逆方向に…、同じ打者に3安打は初…

千葉の150キロ高校生 東海大市原望洋 島孝明

東海大市原望洋のプロ注目153キロ右腕・島は0―1の7回途中から救援登板。7球団のスカウトの前で150キロを計測し、2回2/3を無失点に抑えた。 しかし、惜敗して涙を流し「悔しいけれど、後悔はない」。木更津総合との大一番で、安定感抜群の2年…

各球団のドラフト1位候補予想【パリーグ編】

今回は全球団のドラフト1位、外れ1位候補の予想です。さすがに全球団を6位指名まで予想していたら不眠症になりかねないので勘弁してください。 ではまずは全12球団の1位&はずれ1位の一覧です。 【1位】 はずれ一位 ソフトバンク・・・田中正義 高橋…

ポテンシャルを秘めた150キロ右腕。畠世周選手

近大が立命大を4―1で下し、1勝1敗1分けとした。近大のドラフト上 位候補右腕・畠世周(4年)は6安打1失点、9奪三振で完投。9試合目の登板で今季初勝利を挙げた。 昨秋のリーグ戦で6勝を挙げた近大の MAX150キロエース・畠がようやく1勝を…

明治大の150キロリリーフ 星知弥選手

明大が延長十一回サヨナラ勝ちした。今秋ドラフト候補右腕の星知弥投手(4年・宇都宮工)が、リーグ戦初勝利を挙げた。 延長十回からリリーフ登板すると、150キロ台を連発した直球を武器に2回無安打無失点、3奪三振。リズムをつくると、2-2で迎えた…

パワーとスタミナを備えた完投型ピッチャー 堀田晃 

今秋ドラフト候補に挙がる大院大の最速149キロ右腕・堀田晃投手(4年)が被安打7の11奪三振無四球で京産大を2失点に封じ、今春初の勝ち点を呼び込 んだ。144キロを計測した直球に鋭いスライダーを織り交ぜ、今春2勝目。完封目前の9回に3連打な…

第一回2016年読売ジャイアンツのドラフト指名予想  育成指名編

さて、今回は育成指名で取るべき選手を予想。ちなみに育成指名に関してはコメントや視察情報が出ていない選手についても候補に加えます。 まず育成で取られる選手とはどのような選手か。大きく分けて2種類に分けられます ①即戦力とは程遠いが、身長195セ…

地方から現れた大卒左腕の星  笠原祥太郎選手

笠原の名前は、じわじわと中央球界に知れ渡っている。今春、ようやく全学年がそろったばかりの創部4年目、新潟医療福祉大と練習試合などで対戦した関東の強豪大学監督は、最速147キロ左腕を「今年のNo・1左腕」と口をそろえた。 新潟医療福祉大は関甲…

関西地方 投球術を備えた投手 西田光汰選手

今秋ドラフト候補の147キロ右腕、大体大浪商・西田が履正社・寺島との投げ合いに敗れた。 2回に先制を許すと、5回はスクイズで2点 目を失った。直球の最速は144キロを計測して8回を6安打2失点。踏ん張ったが、味方打線は3安打に抑えられて零敗…

通算1勝 超ノーコン剛速球投手 中塚駿太選手

この春、全国的な知名度はまだ低いものの、ワクワクする剛腕の投球を初めて見た。白鴎大・中塚駿太投手(4年・つくば秀英)。多くの球団のスカウトが熱視線を送る右腕だ。 3年生だった昨秋の段階で最速153キロを誇っていたが、ひと冬を超えてさらに成長…

フォークを武器とする即戦力中継ぎ 小林慶祐選手

今秋ドラフト候補の日本生命・小林慶祐投手(23・東京情報大)が、三菱重工広島戦にリリーフ登板した。3回1/3を3失点に終わったが、6球団のスカウトが視察する中で最速147キロを計測し、落差の大きいフォークを披露した。 見守った阪神・熊野スカ…

荒削りの二刀流  関根智輝選手

国内9球団のスカウトが視察する中、今大会初先発。初回に2失点と制球に苦しんだが、9回を7安打3失点と踏ん張った。打線が同点の9回に勝ち越し、チー ムは接戦をものにした。エースはこの日の最速は142キロで、1週間前に胃腸炎にかかった影響で完調…

寺島投手と並ぶ右の高卒ナンバーワン投手 藤平 尚真

横浜の最速152キロ右腕・藤平尚真(3年)が、つけ入る隙を与えない好投で8強入りに導いた。2番手で1点リードの5回から登板し、最速は146キロで 5回を1安打無失点の6奪三振。「空振りの取れるストレートを目指しているが、バッターに当てられす…

第一回2016年読売ジャイアンツのドラフト指名予想  ドラフト4位~6位まで

okimono.hatenadiary.jp 前回記事に引き続き、今回は4~6位指名を予想していきたいと思います。1位~3位指名候補は上記の記事からご覧ください。 【4位指名候補①】秀岳館 九鬼隆平選手 今年のドラフト指名候補の捕手の中で抜きん出た能力を持つ、181…

第一回2016年読売ジャイアンツのドラフト指名予想  ドラフト1位~3位まで

さて、今回は現段階で巨人のドラフト指名予想をしていきたいと思います。記事が長くなりそうなので1~3位、4~6位、育成指名の3つで分けたいと考えています。 まずは現在の巨人の補強ポイントを考えていきたいと思います。最優先の補強ポイントは以下の…

最速149キロパワー型左腕花咲徳栄・高橋昂也選手

花咲徳栄(埼玉)の今秋ドラフト候補左腕・高橋昂也(3年)が、9者連続を含む14奪三振で6回参考ながら完全試合を達成し、8強入りした。 今春センバツ8強の左腕・早川隆久 (3年)が5安打10奪三振の1―0完封で島の前に立ちはだかり、4強に進んだ…

140キロ本格派左腕。履正社 山口祐次郎投手

春の近畿王者、履正社が6回サヨナラコールドで茨木を下した。初回にいきなり5安打で5点を先制。寝違えで19日の2回戦・汎愛戦の登板を回避した山口裕次郎投手(3年)が満を持して先発し、6回を1安打9奪三振無失点と好投した。 9球団が視察した前で…

高卒左腕上位指名候補、二松学舎大付・大江竜聖投手

二松学舎大付の最速148キロ左腕・大江竜聖(3年)が、小山台を初回先頭の1安打のみの準完全、6者連続を含む16奪三振に抑え、チームを8強入りに導いた。巨人・山下スカウト部長ら5球団のスカウトが視察する中、この日の最速は146キロの直球と変…

総合力の高い即戦力高卒投手、山本由伸投手

最速151キロを誇る都城(宮崎)の今秋ドラフト候補右腕・山本由伸(3年)が、7回2/3を投げて11奪三振3安打1失点(自責0)で初戦突破。直球は149キロをマークし、巨人・山下スカウト部長ら12球団スカウトの熱視線を浴びた。「とにかく勝て…

速球型左腕のロマンの塊、江陵・古谷優人投手

プロ注目の左腕、江陵・古谷優人(3年)が自己最速を4キロ上回る154キロを2度マークし、チームを初の8強進出に導いた。初回からエンジン全開だった。1回1死、旭川西の2番高松賢太郎遊撃手(3年)に対して投じた3球目。旭川スタルヒンの電光掲示…

投手と強打の外野手をこなす二刀流候補、旭川実高校・陣翔大

1番投手が夏の主役だ。北北海道大会が開幕し、昨夏の準優勝校・旭川実が9-2の7回コールドで旭川東を下し、6年ぶりの夏甲子園へ好発進した。エース右腕&1番打者の陣翔大(3年)が、投げては最速145キロの直球を軸に6回2失点。打っては1安打1…