読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

外国人リリーフ顔負けのパワーを持つ高卒社会人 ヤマハ 鈴木 博志  高卒社会人投手

 

f:id:okimono:20170314220906j:plain

◆社会人野球オープン戦 ヤマハ4―2JR東日本(26日・静岡県草薙球場

 昨秋の社会人野球日本選手権で優勝したヤマハが、今季初のオープン戦を行った。MAX154キロを誇り、今秋のドラフト上位候補に挙げられる大型右腕・鈴木博志(19、磐田東高出)が8回から登板。2イニングを2安打無失点に抑え、速球は152キロを記録した。

 スピードよりも内容が満足だった。8回1死一塁では狙い通りに内野ゴロを打たせて併殺に仕留めると、9回2死一塁ではクイックモーションで投げ、捕手が盗塁を刺すのを助けた。「狙ったコースにしっかりと投げられました」と鈴木は笑顔で話した。

 ネット裏には複数の球団のスカウトが視察に訪れていたが、「欲を出さず、自分のやることに集中して投げました」。3月の誕生日でようやく20歳。まだまだ成長しそうだ。

ヤマハが今季初オープン戦 ドラフト候補・鈴木博が152キロをマーク : スポーツ報知

 

 

 【鈴木選手の紹介】

f:id:okimono:20170314221056j:plain

 180センチ85キロ右投げ右打ちー盤田高卒

 17年の社会人投手代表格の一人。最速154キロのストレートを放つリリーフ右腕であり、スライダー・カーブ・チェンジアップなどの変化球を用います。先発として起用された試合は少なく、現在はリリーフで起用されており常時140キロ台のストレートにより奪三振率10点台を誇ります。投球術としてはストレートで押してファールでカウントを稼ぎ、高めのストレートで釣るか低めのストレートでゴロにするか。もしくはスライダーでタイミングをずらして見逃し三振を取るかといった形になります。

 また高校卒業後から社会人になり球速を10キロ以上上げた成長力も魅力の一つです。


2016都市対抗野球 ヤマハ・鈴木博志投手 150キロ連発! 対JFE

 【鈴木選手の課題】

 

f:id:okimono:20170314221021j:plain

 なんといっても制球の悪さ。平均死四球率9点台とコントロールの悪さがいかんなく発揮されており、それでも失点が少ないことを踏まえると四球か三振といったレベルです。キャッチャーが構えたところに行く球は1イニングで1~2球あればいいほうです。とにかくパワーで押すタイプでありコースを突くなんてことは出来ませんので、イニング途中から走者がいる状態での救援を任せるのは非常にリスキーな選手になります。

 また先発を勤めた試合も5イニング程度しか投げておらず失点もしています。そのため即戦力先発としては期待できません。

 【指名順位予想】

 17年はパワー系右腕投手が不作であるため、その中でパワー系の代表格の鈴木選手の需要は上がります。ただし制球の悪さはリリーフとしては致命的な弱点であるため、先発としての可能性が見込めるような結果が出せない限り、素材を評価しての2~3位指名となります。154キロを放てるリリーフは魅力的ではあるため、リリーフでも現在より制球が改善されれば単独もしくははずれ1位の可能性も出てきます。高卒社会人と21歳で獲得できるのも魅力の一つではあります。

巨人オープン戦前半を振り返る  明暗の分かれた選手について

 これまでのオープン戦の内容を見るに、わかってはいたことですが明らかな打力不足が露呈しており、先発も菅野選手がいないとはいえ安心してローテを任せられる若手も新たに台頭できず、早くも暗雲立ち込める状況になっています。

 それを踏まえてのドラフト戦略はまた別の機会とし、今回はオープン戦前半までで明暗の分かれた選手を挙げたいと思います。残念ながら暗が多いですが・・・

 

 まずは明の選手について。投手ならば16年ドラフト3位の谷岡選手及び7位のリャオ選手、そしてカミネロ選手の3人です。

 

f:id:okimono:20170313220020j:plain

 谷岡選手は2試合2イニング1安打無失点と好投。イニング跨ぎをしていないため、ロングリリーフも試しておきたいところですが、監督も1軍帯同を明言しており中継ぎも薄い状況であるため、少ないチャンスを掴み取った形となります。

f:id:okimono:20170313220048j:plain

 そしてリャオ選手。日ハム戦にて初登板。ストレートが抜けてフルカウントにする場面はあれど、パワーで押して1イニング無失点。その後2軍にて2試合2イニング2安打1失点。制球の課題や変化球の精度など即戦力とはいえませんが、これからも見ていきたいと思わせる投球内容であり、13日に1軍再昇格が決定しました。

f:id:okimono:20170313220057j:plain

 決定的なのはカミネロ選手。入団前まではノーコン速球型として伝わっており、メジャーバリバリの選手であったため「これだけの実績で現役なのに日本に来るわけがない。これは修正しようのない問題を持っているに違いない」と予想されていましたが、ふたを開けてみれば5試合無失点無死四球。澤村選手が初球危険球とやらかしたこともあり、新守護神候補に名乗り出ています。

f:id:okimono:20170313220125j:plain

 育成の篠原選手は阪神戦で初登板。先頭打者に二塁打を打たれるも1イニング無失点。最速140後半とまだスピードが出ていない中での結果ですが、春先に支配下についてはまだ様子見といったところでしょう。

 14日にドラ4の池田選手が1軍登板するため、谷岡・池田選手のどちらかを先発で試して欲しいところです。

f:id:okimono:20170313220206j:plain

 野手については何と言っても日ハムからトレードで入団した石川選手。21打数7安打3打点打率.333長打率.476と、阪神戦でも唯一の安打を放ち、結果を残している若手の一人です。ただ日ハムファンからの説明の中に「オープン戦は毎年調子がいい」との記述があったため、期待しすぎず見守ろうと思います。

f:id:okimono:20170313220332j:plain

 岡本選手については当初は打撃で結果を残していましたが、ここ数試合はノーヒット併殺と結果を残せていません。重信選手も足でしか結果を残せていないため、現在のままだと代走止まりでしょう。野手に関しては全体的に不安が漂っています。

f:id:okimono:20170313220436j:plain

 さて、それでは暗についてですが、投手に関してはまず西村選手です。中日戦では1/32安打2死四球2失点とサヨナラ負けの原因となり、その後の2軍戦でも1イニング3安打3失点と炎上。残念ながら戦力外街道まっしぐら状態です。

f:id:okimono:20170313220526j:plain

 また谷岡選手と同時期に昇格した江柄子ですが、オリックス戦で1イニング8打者2安打2死四球3失点(1自責点)と成長の兆しなし。30歳と上がり目もなく、よくてトレード、もしくは戦力外候補になっています。

f:id:okimono:20170313220538j:plain

 今村選手も阪神戦で先発も死四球からの失点と、去年からかわらずの失点内容。何も成長してません。澤村選手にいたっては語る言葉はありません。戸根選手も失点していますが、澤村選手の危険球による緊急、そして内海選手の足の違和感による緊急と不遇な状況での登板が多く、まだ判断しかねる状態です。

f:id:okimono:20170313220348j:plain

 それでは野手について、はっきりと暗になってしまったのは辻選手。セカンド・ファースト・ショートとスタメン出場なるも打てない・守れないのいいとこなし。吉川尚選手が1軍昇格に向けてイースタン出場中であり、もはやチャンスは残されていないでしょう。

f:id:okimono:20170313220355j:plain

 そしてマギー&ギャレットの助っ人コンビ。マギーは打率1割、ギャレットにいたっては0割台と助っ人どころか足引っ張り状態。これならば2軍でも好調の坂口選手を1軍で試して支配下も検討したが得策とすら思えます。聞いてる?ガブリエルとったGM

 クルーズ選手がWBCで手首に死球を受けて開幕出場が危ぶまれる状態であるため、なおさら長打力不足になっています。

 はっきりいうと野手みんな暗です。笑えんぞこれ

早くから注目される左スラッガーの一人 龍谷大平安 岡田 悠希  高卒外野手

f:id:okimono:20170312131623j:plain

来年のドラフト上位候補に名前が挙がる龍谷大平安の岡田悠希外野手(2年)が、先制の右前2点打に貴重な追加点となる右越え2ランを放った。2安打4打点の活躍でチームの五回コールド勝ちに貢献したが、原田英彦監督は「まだまだ。全然ダメです」と厳しい表情を崩さない。

 新チーム結成後、岡田の練習態度や生活態度に問題があったという。そこを正すために、主力でありながら「子育てのつもりで」とセンバツに関わる一次戦でベンチから外した。そこで与えた役割はボールボーイ。1年春からレギュラーとして活躍する選手に裏方の仕事を経験させた。

 苦しい戦いを強いられたチームは延長戦の末に一次戦を突破。ベンチの外で見つめることしかできなかった岡田は「このままじゃダメだと。自分が引っ張らないといけない。恥ずかしいことばかりしていたので、人間的な部分でも成長していかないといけない」と心を入れ替えた。

 二次戦から背番号「17」でベンチ入り。この日が新チーム結成後、初の公式戦だった。5番・左翼でのスタメン起用に「監督さんに出させていただいた。チームに迷惑ばかりかけてしまっていたので」と初回、1死満塁から追い込まれながらも一、二塁間を痛烈に破る先制の2点適時打を放った。三回無死一塁の第2打席ではカウント1ボールから、甘い直球を右翼席へ放り込んで見せた。

 2安打4打点の活躍にも原田監督は「第3打席で強引に引っ張ってセカンドゴロ。そういうところなんですよ」。四回1死二、三塁から力んで二ゴロに終わった打席の反省を求めた。今春のセンバツでバックスクリーン右へ一発を放ち、期待のスラッガーとしてプロのスカウトからも評価された岡田。技術と心を兼ね備えた選手になるために-。日々、励んでいく。

龍谷大平安・岡田、ボールボーイで“改心” ドラフト候補2安打4打点/野球/デイリースポーツ online

 

 【岡田選手の紹介】

f:id:okimono:20170312131631j:plain

 182センチ79キロ右投げ左打ちの外野手。早くから注目された左のスラッガー。高校通算14発に130メートル弾も放つパワーとミート力を持ち、スイング・バットコントールを評価するスカウトも多い。そのためスイングスピードと高卒離れのパワーでホームランを放つタイプというよりも、バットコントールで上手く軌道に乗せてホームランにするタイプだと評価する声もある。

 走塁に関しては決して早い方ではなく、守備に関しても特別上手いというタイプではないため、打撃技術がどれだけ評価されるかになります。

 【岡田選手の課題】

 

 守備に関しては上手いタイプでなく、守備位置がレフトで高い守備範囲や打球判断が迫られるセンター・ライトの守備経験が少ないため、レフト以外のポジションでも問題なく守備ができるかどうかが重要になってきます。

 また性格面に関しても問題があり、練習態度や生活面の問題から成績を鑑みた上でベンチからはずすといった罰則も行われたほど。その後は改心したとされているが、プロ入り後天狗になってしまう不安要素も持ち合わせている。

 【指名順位予想】

 あくまで打撃技術を評価しての指名となるため、1位指名の可能性は低い。最終年の甲子園で注目されるほどの成績を残せれば話は変わってくるが、現状では打撃技術を評価して2位下位指名もしくは3位指名が濃厚となる。

f:id:okimono:20170308220150j:plain

 左の高卒外野スラッガーの代表格として評価は高いが、貴重な右打ちの横浜高校・増田選手や秋季リーグで打率4割3本の成績を残した履正社・若林選手、同じ左打ちでも191センチの星陵・寺西選手とライバルが多く、これらの選手が活躍する一方で夏場が不調になると3位以降に落ち込む、場合によってはプロ志望を出さず、ということさえありえます。

2017年ドラフト候補注目の大卒外野手 右打ちに素材型スラッガー有り

 17年の高卒外野手はスラッガーが目立つ一方で、大卒外野手については俊足巧打の選手が目立ちます。ただスラッガー候補がいないというわけでなく和製バレンティンと称される選手もおり、その中で注目選手を挙げていきたいと思います。

 【左打ち選手について】

f:id:okimono:20170311002957j:plain

 左打ち選手については俊足巧打が目立っています。代表格としては上武大・島田海吏選手。16年日米大学野球代表にも選ばれた1番バッターであり、175センチ70キロと小柄ながらも通算打率3割越え・出塁率も4割を記録する。また50メートル5秒台の俊足を武器にセンターを守る。

f:id:okimono:20170311002648j:plain

 一方で左のスラッガーについてですが、素材は魅力的だが打撃成績が今ひとつという選手が目立ちます。代表格としては横浜商大の佐藤・デシャーン・広之選手。186センチ80キロの日米ハーフの恵体であり、高校時代より身体能力の高さを評価されており高校通算20本のスラッガー。しかし大学では打率が3割を記録した年がなく、通算打率は2割を切っています。

 【右打ち選手について】

f:id:okimono:20170311002704j:plain

 右打ち選手については素材型スラッガーが目立ちます。代表格が慶應義塾・岩見雅紀選手。187センチ110キロという超恵体、通算9本と本塁打数はまだまだですが、130メートル弾を連発するなどパワーは規格外。和製バレンティンと称されており、打率3割長打率7割とまさにパワー極振り選手といえます。

f:id:okimono:20170311002915j:plain

 素材型としては中部学院大・内海大寿選手。180センチ84キロ、岩見・島田選手同様17年大学日本代表候補であり、通算打率.292、長打率.372と外野手としては物足りなさはあるが、強肩と4番に座るパワーが魅力であり16年秋は33打数12安打・打率.364長打率545でベストナインを獲得している成長の期待できる選手。下位指名のロマン枠で獲得したい選手です。

f:id:okimono:20170311002926j:plain

 また奈良学院大・村上海斗選手も素材型の一人。189センチ90キロと内海選手を凌ぐ長身外野手。しかし通算打率2割台と成績は伴っておらず、大学通算も1本となっています。そのため素材を評価した7~9位の下位指名が濃厚ですが、センターメインであり化ければ大型選手となりえます。

f:id:okimono:20170311002714j:plain

 一方右打ちの俊足巧打は国際武道大・服部創太選手。179センチ73キロと中型の外野手であり大学通算27試合と出場数も多くありませんが、103打数打率.350出塁率.466と高い打撃成績を残しており、一塁到達速度も4秒台前半と俊足を誇る中堅手となります。

 16年はスイッチヒッター外野手として立正大・田中選手がおりましたが、今年度は九州国際大に宮城知秀選手という右投げ両打ちの外野手がおります。178センチ78キロと中型ではありますが、高校卒業後1年日本通運でプレーし大学進学という変わった経歴を持つ選手となります。平均打率3割越えを記録していましたが、16年は通算出場試合9試合、打率も1割台と結果を残せていません。

 

 全体的に見ると、岩見選手のような飛出た選手はあれど、1位候補になるような目玉選手は現段階では確認できないのが現状です。高卒にスラッガーが豊作なため、なおさら大卒選手の不作が目だってしまいます。今のところ指名候補とはなりえないでしょう。

地方大出身のパワー型右腕投手 仙台大 馬場 皐輔 大卒右腕 

 

f:id:okimono:20170310192901j:plain

仙台大(仙台六大学)と法大(東京六大学)の練習試合が9日、川崎市の法大グラウンドで行われ、法大が12-6で勝利した。プロ注目の仙台大の最速153キロ右腕・馬場皐輔投手(新4年)は4番手で登板し、1回1/3を無安打1三振無失点に抑えた。一方、法大の最速151キロ右腕・熊谷拓也投手(同)は、先発で5回6安打6三振2失点だった。

 ヤクルト、阪神、DeNA、日本ハムの4球団のスカウトが視察し、馬場についてはDeNA・吉田スカウト部長が「投げ込む姿がいい」、熊谷についてはヤクルト・橿渕スカウトが「昨秋より、よくなっている」と評価した。

仙台大・馬場、プロ4球団のスカウトの前で快投 ヤクルト・橿渕スカウト「昨秋よりよくなっている」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

 【馬場選手の紹介】

f:id:okimono:20170310192912j:plain

 180センチ80キロ右投げ右打ちー仙台育成卒

 16年は田中・黒木・加藤選手などの今季はパワー型右腕投手が豊作でしたが、一転して17年はパワー型右腕の不作年となります。代表格としてヤマハ・鈴木選手は法政大・熊谷選手がいますが、全体を見ると制球・変化球型の投手が目立ちます。その中でこの馬場選手も貴重なパワー型右腕となり、平均奪三振率9点台後半と高い三振率を誇ります。

 大学ではリリーフ登板を主としており、最速153キロ常時140前半のストレートとスライダーを武器とし他にもカットボールやスプリット、カーブなどを投げます。

 【馬場選手の課題】

 課題は制球の悪さ。4年となった現在でも改善できておらず、平均2イニング1死四球とリリーフとしてなかなか計算しづらいものとなります。

 またリリーフ経験が主であり4年春より先発再転向を目指していますが、先発としての結果が少ないため、4年でどれだけ先発経験を積み上げられるかにもなります。

 【指名順位予想】

 現在の予想としては3~4位の指名。パワー型右腕が不作の今年では貴重な投手となりますが、先発として計算できるかがまだ未知数であり、中継ぎとしても制球の課題がネックとなり、制球の改善を評価するスカウトの声もありますが、あくまで数試合の結果であり1年を通した結果でないため評価しにくいところです。

 そのため即戦力でなく素材を評価しての指名が濃厚です。先発として結果を残せれば貴重なパワー型先発として2~3位指名と上位指名にも食い込めます

 

 

横浜高校の誇る3拍子揃った外野手 高卒外野手 増田 珠  高卒外野手 

 

f:id:okimono:20170308220150j:plain

今年の高校生ドラフト候補は清宮、安田だけじゃない!右のスラッガーではNo・1と評価される横浜高の増田珠(しゅう)外野手(2年)が4日、神奈川県横浜市の同校グラウンドで始動した。初日からフリー打撃にロングティーと精力的にバットを振り、「最初にしては振れた」と話した。
 「2人に比べたら全然。少しでも近づけたら」と謙遜する一方で、目標もはっきりと口にした。「勝負の年。甲子園で暴れて、U―18に入って、プロに行きたい。2人とジャパンで一緒にプレーしたいし、切磋琢磨(せっさたくま)できるような存在になりたい。競う相手がいると人一倍燃えるタイプなので」と言い切った。

 現在、高校通算20本塁打。対応力アップをテーマに掲げ、元日からバットを振った。「打率5割と通算40本が目標」。昨秋関東大会は8強止まりでセンバツ出場は難しい状況だが、2季連続の夏の聖地を目指す。この日視察に訪れたソフトバンク荒金久雄スカウトも「今年は右の長距離打者は貴重な存在。九州出身(長崎)だし、期待したい」と話した。

右No・1スラッガー横浜・増田 清宮&安田とU18共闘だ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

 【増田選手の紹介】

f:id:okimono:20170308220210p:plain

 180センチ81キロの右投げ右打ちの外野手。早くから注目されていた外野手であり、筒香、涌井、浅間選手など数多くの高卒1軍選手を輩出している横浜高校の選手となり、スカウトからも高い信頼が置かれています。

 打撃としても通算打撃成績4割、長打力5割越の打撃力を持つ中距離選手。また打球反応の良さや落下地点への到達スピードなど高い守備能力を持ち走塁もなかなかのものを保有している攻走守そろった外野手です。

 加えて三振の少なさも大きな特徴であり、追い込まれてもファールで粘りなかなか三振をしません。1年生のころより48打数6三振と群を抜いていたが、2~3年からさらに三振が減っており三振数0の大会成績もあるほどです。打率・出塁率の高さから右の中距離バッターの上位候補となります。


神奈川秋季高校野球2016 【横浜vs桐光】 増田(1表)本塁打

 

 【増田選手の課題】

 出塁率に対しあまり盗塁数が無いため17年にどれだけ盗塁成績を残せるかになります。増田選手は1年次からスタメン起用されている一方で通算21本とスラッガータイプではないため、盗塁が出来るかどうかは大事な要素です。

 打撃に関してはホームラン数を伸ばせば粘れる右のスラッガーとして高卒外野手ながら1位指名候補にもなり得ます

 【指名順位予想】

 順位の参考として15年に日ハム3位指名された横浜高校の外野手浅間選手について。浅間選手は右投げ左打ちと飽和気味の外野手ながら、長打率7割のスラッガーとして上位候補とされ、夏に成績を落とすも3位指名を勝ち取りました。 

 増田選手は1年次より注目される貴重な右打ちの打撃能力の高い外野手であり、現状の成績を維持できれば2位指名もしくは3位の上位指名となります

 ここから盗塁数を伸ばせば2位上位指名、ホームランを伸ばせば単独1位も狙える順位となります。

 増田選手は投手としても起用されていますが、投手成績としては上位指名というほどではないため、野手指名が濃厚でしょう。

2016年ドラフト指名選手の巨人における展望と起用  松澤 裕介 育成ドラフト8位 独立リーグ外野手

f:id:okimono:20170305223455j:plain

【松澤選手の紹介】

 181センチ85キロ。左投げ左打ちの外野手であり、フルスイングから繰り出す長打と強肩を武器とするスラッガータイプ。15年に巨人より育成3位指名を受けるも怪我の発覚により入団を辞退。その後手術を受けるも16年の成績は落ち込み、多くのドラフトファンが「これでは指名は厳しいだろう・・・」と思いきやまさかの育成8位指名。最終指名ながらも指名を獲得し、巨人の粋な指名と評価する声もありませいた。

 【支配下への課題】

f:id:okimono:20170305223507j:plain

 3位→8位指名と指名順位が落ちたことを考えると、首脳陣も怪我の影響は大きいと判断しており、特に長打力が落ち込んでおり.435→.338と約1割ほど成績が落ちています。長打力が武器の選手としては致命的であり、打率の回復が目下の課題となります。今のところ3軍は3試合行われていますが、内容は8打数1安打1死四球と十分とはいえません。長打力を買われての指名であるため、打撃で結果を残せなければ支配下はまずありえません。

 また大卒→独立リーグ経由のため大卒社会人と同じ24歳。すでに若手ともいえず残された時間はそう長くないでしょう。2年以内に3軍から上がれず、上がれても2軍で打率3割台もしくは長打率3割後半を継続できなければ戦力外の可能性もあります。