読売ジャイアンツのドラフト戦略を語る

巨人が取るべきドラフト候補選手、また現状の選手たちの実情から取りうるべきドラフト戦略を語っていく

2017年夏の甲子園2回戦の各ドラフト候補を振り返る① 盛岡大付~仙台育英まで

 ことごとく有力候補が進学を選んでいく・・・・

 

盛岡大付】平松 竜也(2017)・比嘉 賢伸(2017)

 

平松 竜也選手(2017) 投手

f:id:okimono:20170810232949p:plain


今回はリリーフ登板。しかし目に見えて制球が悪く、変化球は甘いところかバウンドかばかり。暴投も多く、誉められたものではありませんでした。

 

比嘉 賢伸選手(2017) ショート

f:id:okimono:20170810233117p:plain


今回注目したのは最終打席のホームラン。最後のホームランはパワーよりも無駄のなく振り抜いたものでした。確かに高めに抜けた球でしたが、それでもあのコースを引っ張りで力ずくでないスイングでスタンドに持っていったセンスは注目どころです。

 

続きを読む

2017年夏の甲子園1回戦の各ドラフト候補を振り返る③ 天理高校~東海大菅生まで

【 天理高校 】神野 太樹(2017)

 

「神野 太樹」の画像検索結果

 

 今大会2HRの強打の外野手。1本目は高めに抜けた甘い変化球をセンター方向に放り込み、2打席目では高め外角のボール球を力ずくでホームランにし、3打席目も泳がされながらもレフト深くのフライになるなど、そのパワーを披露していました。

 神野選手の魅力はそれだけの打力がありながらライトが守れるという点にもあります。ただ走りながらのキャッチで聊か目測を誤って危ない撮り方もあったため、守備が上手いというタイプではないようです。これで身長が180センチ前後あれば上位候補にも食い込めそうですが、172センチと小柄なことをどう評価するかになります。

 

【 二松学舎大付 】市川 睦(2017)・永井 敦士(2017)

市川 睦選手(2017) 投手

 

f:id:okimono:20170813144920p:plain

 

 ストレートは130キロ台ながらも力があり、変化球は非常に落差のあるスライダー・カーブ、そして空振りを取れるチェンジアップが武器。打者としても低めの変化球を掬い上げてセンターフェンス直撃の三塁打を打つなど4打数4安打と投打ともにアピール。恵体ながらスピードで攻めるタイプでないため、プロ入りしてもっと体が大きくなれば楽しみな選手になるかもしれません。

 

永井 敦士選手(2017) ライト

f:id:okimono:20170814195705p:plain

 4番を任せられながら足が早い俊足長打型外野手。5打数4安打1四球と見事な結果を残しました。今回はチーム全体でヒットを量産していたため、エース選手相手の内容と引っ張りの打撃、守備機会があるかどうかを今後注目していきたいと思います。

 

【 明桜 】山口 航輝(2018)

山口 航輝選手(2018) 投手/外野手

 

f:id:okimono:20170814200145p:plain

 投打の二刀流選手として注目されながらも地方予選決勝で肩を痛め、今回は野手出場のみとなりました。打撃も注目株に上がるほどのものは見えず、怪我の影響もあるでしょうがいまのところ上位候補とまではいえないものでした。

 

【 東海大菅生 】松本 健吾(2017)

 松本 健吾選手(2017) 投手

 

f:id:okimono:20170814200534p:plain

 今季の東海大のエースとして注目していましたが、平均球速は130後半。制球もいいとは言えず変化球も決まるものもあれば、投げた瞬間見逃されたりすっぽぬけるものも多く、褒められた内容のものではありませんでした。

 打撃についても期待できるような雰囲気もなく、このまま進学してそこで指名を狙うような選手にみえました。少なくとも今回の内容では指名は厳しいと感じました。

 

2017年夏の甲子園1回戦の各ドラフト候補を振り返る② 広陵~神戸国際大付まで

 さあ、まだまだ続く1回戦振り返りいってみたいと思います。それとABCのバーチャル高校野球めっちゃ便利です。投手とバッターをリアルタイムで教えてくれる上、投げている投手の持ち球、配球などの情報も確認できます。あ、回し者じゃないよ?

 

【 広陵 】平元 銀次郎(2017)・中村 奨成(2017)

 

平元 銀次郎選手(2017) 投手

f:id:okimono:20170811083206p:plain

 落差の大きいカーブは左右どちらの打者からも見逃し・空振り両方を奪える強力な武器。組み立てはストレートとカーブが主体ですが、それでもカーブを捉えられず凡退が目立ちました。ただストレートでなかなかストライクが奪えず、ストライクとボールがはっきりした球が多かったため、それを痛打されていました。味方のエラーにも足を引っ張られた形ではありますが、ストレートの制球・変化球全体の精度向上が鍵となります。

 

中村 奨成選手(2017) 捕手

f:id:okimono:20170811083821p:plain

 予選では死球の影響で打撃不振でしたが、1回戦では2HRの大活躍。流し、センタ^方向へのHRと打撃で猛アピールを果たし、バント処理では強肩を活かしセカンドアウトを狙うなど強肩もアピール。しっかり盗塁も記録し足も魅せていました。上位候補として猛アピールしています。

続きを読む

2年生時代から注目された強肩強打のスラッガー捕手 神戸国際大附 猪田 和希選手 高卒捕手

 

f:id:okimono:20170812173221p:plain

【猪田選手の紹介】

 183センチ80キロ 右投げ右打ち

 当初は4番・レフトとして起用されていたが、強肩を買われ2年生より捕手コンバートとなる。元々打撃評価は高かったことに加え捕手としての強肩が評判となり、強肩強打の右のスラッガーとして注目されていくようになりました。

 打撃は地方予選では常に4割越えを記録し長打率も8割以上。全国大会でも長打力だけではなく、甘い球を見逃さず綺麗な引っ張りでレフト前ヒットにするなどミート力も健在です。

 


猪田和希(神戸国際大付)「4打数2安打放ちチームを勝ちに導く」全打席ハイライト 神戸国際大付vs北海 2017 08 12

 【猪田選手の課題】

f:id:okimono:20170812205508j:plain

 打撃評価が高い一方捕手としての技術が追いついておらず、夏の甲子園でも後逸や内角ストレートをはじく、バウンド処理のミスなど失点に繋がるエラーを頻発。素材としての評価は高い一方まだまだ捕手技術については改善の余地を残しています。

 

【指名順位予想】

 育てば強肩強打の捕手として大成しますが、キャッチングに課題があるなど時間がかかるタイプの捕手となり、少なくとも4~5年はかかります。右投げ右打ちであるため最悪外野・サードコンバートもできますが、やはり強打の捕手であるからこそ評価は高くなるのであり、今後守備面でのアピールをどこまで出来るかが鍵になります。

 現在のところ、指名順位予想は3位下位~5位上位といったところです。

2017年夏の甲子園1回戦の各ドラフト候補を振り返る① 盛岡大付~聖光学院まで

 それでは1回戦、盛岡大~聖光学院までのドラフト候補選手を振り返りたいと思います。予定としては1回戦は3回に分けて振り返る予定です。ちなみに選手の横に書いてある数字は指名解禁年になります。

 

盛岡大付平松 竜也(2017)・比嘉 賢伸(2017)


 平松 竜也選手(2017) 投手

「平松 竜也」の画像検索結果

バッターボックスに立つと驚くほどの恵体が見て取れます。オーバースローから140前半のストレートとスライダーが武器。ストレートを見せスライダーでカウントを取るといった攻めをしており、オーバーだがスピードより制球といった感じでした。高卒としても未完成部分が多く、時間がかかる選手になると思います。


比嘉 賢伸選手(2017) ショート

f:id:okimono:20170810233117p:plain

バットコントロールのよい中距離打者。振り抜く思い切りのよさと走塁に合わせた軽打を披露していました。十分指名候補に入る選手だと思います。

続きを読む

2017年夏の甲子園に出場するドラフト候補選手の振り返りについて

 

f:id:okimono:20170808202926p:plain

 

 

 とうとう始まりました夏の甲子園。今回も多くのドラフト候補選手が出場しており、16年も作新・今井選手のように甲子園での活躍は指名順位に大きく影響します。

 

 春の選抜では各日数ごとに振り返りをしましたが、さすがにあれを今度もやると仕事と録画した試合の確認と記事作成で一日が終わってしまう毎日になるため、ある程度試合を消化してから、何回かに分けて振り返りを行います。

 

 ひとまず最初の更新は1回戦が終わったらを予定しています

高卒No.1投手の評価を受ける右腕投手 青藍泰斗高校 石川 翔 選手  高卒右腕投手

f:id:okimono:20170803210504p:plain

 「打倒・作新」を掲げていた青藍泰斗・石川のリベンジはかなわなかった。関東NO1右腕は「チームを勝たせられず申し訳ない」と唇をかんだ。左足首の捻挫を抱えながらも3失点完投。8三振を奪う139球の力投だったが、昨秋の県大会準決勝に続き、王者の壁にはじき返された。プロ注目の剛腕の夏が終わった。

 悔やまれるのは3回だけだった。2死満塁のピンチを招くと、左中間三塁打を許し、3点を先制された。「どの球でも対応してきた」。スライダー中心に切り替えた4回以降は無失点。この日のMAXは148キロ。世代トップ級の意地は示した。

 この日は6球団11人のスカウトが視察。ロッテ・諸積スカウトは「左足の状態がいい時には、踏み込んだ後、足が浮いてプレート方向に素早く戻る。ダルビッシュ(レンジャーズ)、大谷(日本ハム)ら超一流の速球派投手に見られる動き。将来はもう10キロ程度、速くなりそう。大谷に近くなる可能性がある」と賛辞を贈った。楽天・長島スカウト部長は「球団によっては1位の12人に入るかもしれない」と評価は不変だった。

【栃木】青藍泰斗・石川、大谷になれる!作新に惜敗もプロ6球団スカウトうなる : スポーツ報知

【石川選手の紹介】

f:id:okimono:20170803210305p:plain

 179センチ82キロ 右投げ左打ち
 肩関節が柔らかく、オーバースローに近いフォームから最速151キロと縦のスライダーを武器とする。
 身体能力も高く、打者としても強肩強打の外野手として起用されている。
熊本工・山口選手や国際湘南・本田選手とともに上位候補とされる素材型右腕投手になります。

 


秋季栃木大会作新学院一回裏の攻撃

【指名への課題】

 一年時に半月板手術や三年時にも肩・股関節の怪我で経験するなど、常に怪我に悩まされていることもあり、怪我体質という本人の努力ではどうしようもない部分は懸念材料になります。
 球速をあげ評価をあげている三年で甲子園に出られなかったため、去年の作新.・今井選手のように甲子園で評価をあげ、1位指名を勝ち取る道筋もなくなったのもマイナス材料になります。U-18候補にも選ばれていないため、これ以上評価をあげる場面がないのはNo.1候補としてはつらい状況になっています

 【指名順位予想】

 指名としてははずれ1位もしくは2位指名が濃厚。やはり甲子園で出れなかったのは大きなマイナス材料となります。高い身体能力とキレを有しますがまだまだ荒削りな部分が多く、一方で高卒投手不作年の中で高い評価を受けており、相対的に優先順位が上がっています。